天翔(てんしょう)竜騎士(りゅうきし)ガイア/Sky Galloping Gaia the Dragon Champion》

融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「螺旋槍殺」1枚を選んで手札に加える。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その相手モンスターの表示形式を変更する。

 MILLENNIUM PACKで登場した風属性ドラゴン族融合モンスター
 《竜騎士ガイア》として扱う永続効果特殊召喚に成功した場合に《螺旋槍殺》サーチサルベージする誘発効果攻撃宣言時に相手表示形式を変更する誘発効果を持つ。

 《竜騎士ガイア》リメイクモンスターであり、(1)の効果フィールドでは《竜騎士ガイア》として扱われる。
 (2)の効果により《螺旋槍殺》サーチサルベージできる上に、(3)の効果相手モンスター守備表示に変更でき、ドロー効果もすぐに使えるのが強み。
 自身が《螺旋槍殺》に特化したサポートカードになっており、特に考えずとも融合召喚サポートのみを入れれば《螺旋槍殺》を活かすことができる。
 (2)の効果自体は同名カード発動回数制限もなく、融合召喚に限らず特殊召喚すれば何度でも使うことができる。

 融合素材暗黒騎士ガイア及びドラゴン族ならば何でもよく、《竜騎士ガイア》より縛りは緩い。
 その代わりに融合素材カード名が記載されていないため、《融合徴兵》《融合準備》等のサポートは受けられない。
 《竜騎士ガイア》融合素材をそのままこのカードに転用できるため、融合素材サポートを使うなら《竜騎士ガイア》も併用しておくと良い。
 なお、自身がドラゴン族であるため、ドラゴン族側の融合素材にすることもできる。
 少々工夫は必要だが、《融合回収》を組み合わせれば、1ターンで3体を一気に並べることも不可能ではない。

 融合素材となる暗黒騎士ガイアは5体いるが、フィールド融合手札融合すると《覚醒の暗黒騎士ガイア》《疾走の暗黒騎士ガイア》の持つリリースされた場合の効果発動できない。
 そのため、融合召喚主体のデッキカオス・ソルジャー儀式召喚の要素まで入れると儀式召喚カード腐る

 これらを融合素材として使う場合は儀式召喚要素は考慮せず、緩い条件でリリースなしで召喚できる点のみを考慮したい。
 または従来の《竜騎士ガイア》を軸にした【正規融合】に、追加で暗黒騎士ガイアドラゴン族を投入する形となる。
 もしくは《龍の鏡》にのみ出す手段を絞り、ドラゴン族《螺旋槍殺》【カオス・ソルジャー】に採用するのも手か。

関連カード

収録パック等


Tag: 《天翔の竜騎士ガイア》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星7 風属性 ドラゴン族 攻2600 守2100

広告