転生炎獣(サラマングレイト)アルミラージ》

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻   0
【リンクマーカー:右下】
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 2019で登場する炎属性サイバース族リンクモンスター
 自身をリリースして自分モンスター効果破壊耐性を与える効果通常召喚された自分モンスター戦闘破壊された場合に自己再生する効果を持つ。

 サラマングレイトに属してはいるものの効果リンク素材縛りはあちらとの関係性は薄い。
 カテゴリを意識せず汎用的なモンスターとして見た方が良い。

 リンク素材縛りは「通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター」と一風変わったもの。
 《副話術士クララ&ルーシカ》に比べて攻撃力の制限はあるがメインフェイズ1でリンク召喚できるのが利点。
 《クリッター》等の効果先攻ターン目でも利用できる様になるのは【エクゾディア】にとってはありがたい。

 (1)は自身をコストにした効果破壊耐性の付与。
 フリーチェーンなので相手ターンにも使えるが、このカードの存在が分かった上で相手破壊効果を使うのは考えにくい。
 どちらかと言えば相手への牽制、または攻撃力0のこのカードフィールドからどかす役割となるか。

 (2)は通常召喚されたモンスター戦闘破壊トリガーとした自己再生
 相手ターン発動すると攻撃力0のこのカードが格好の的となってしまい、(1)の効果発動してもバトルフェイズが続いた場合はあまり意味がない。
 このカード墓地に存在する状況下で相手通常召喚されたモンスターを最後に戦闘破壊するという事は考えにくく、生き残らせるのも難しい。
 サーチャーリクルーターなどの自爆特攻から能動的に発動し、メインフェイズ2にリンク素材コストとして利用するのが基本となるだろう。

  • モチーフは「アルミラージ」だろう。
    インド洋に浮かぶとされる島、ジャジラト・アル=ティニン島に棲息すると言われる角の生えたウサギに似た動物である。

関連カード

―モチーフ関連

収録パック等


Tag: 《転生炎獣アルミラージ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク1 炎属性 サイバース族 攻0 サラマングレイト

広告