転生炎獣(サラマングレイト)エメラルド・イーグル/Salamangreat Emerald Eagle》

儀式・効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守2000
「転生炎獣の降臨」により降臨。
(1):このカードが自分フィールドの「転生炎獣エメラルド・イーグル」を使用して儀式召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「サラマングレイト」リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、このカードは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 SOUL FUSIONで登場した炎属性サイバース族儀式モンスター
 同名カードを使用して儀式召喚した時に特殊召喚された相手モンスターを全て破壊する誘発効果、「自身と戦闘を行う相手モンスター破壊してダメージを与える誘発効果」を得る起動効果を持つ。

 (1)は全体除去効果
 現環境では通常召喚したモンスターは大抵何らかの素材になっているので、実質的に全体除去である。
 だが、事実上儀式召喚1回分を無駄にするのに等しい発動条件が非常に重い

 一応、儀式召喚に使用する《転生炎獣エメラルド・イーグル》は、蘇生したり《限定解除》《転生炎獣の降臨》の(2)の効果による特殊召喚《ファントム・オブ・カオス》などを用いても良い。
 だが、そこまでしても破壊耐性には無力であり、魔法・罠カードに対しても対処不可能。
 また、(2)の効果ともあまり噛み合っていない。
 複数積みしてたまたま手札に揃った時の選択肢の一つとして、一応覚えておく、ぐらいの心づもりで良いだろう。

 (2)の効果は、リンクモンスターコストに使う、戦闘を介するバーン除去
 基本的には、リンク1の《転生炎獣ベイルリンクス》《転生炎獣アルミラージ》コストに用いる事になるだろう。
 《転生炎獣ベイルリンクス》リンク召喚後はなるべく早めに墓地に送りたいモンスターであり、このカードの(2)の起動効果とは相性が良い。
 一方、《転生炎獣アルミラージ》フィールドに残しておいた方が良いリンクモンスターなので、こちらは比較的に相性が悪い。
 また、縛りがやや独特な点、あちらの効果の発動フィールドを離れてしまう点もあり、決して使いやすいとは言えない。
 それ以外のサラマングレイトリンクモンスターリンク2以上であり、ディスアドバンテージが大きいため実用的ではない。

 そもそも、発動できたとしても破壊できるのは1体のみであり、普通に戦闘破壊した時と変わらない。
 このカードをサポートする手間で、より高攻撃力モンスター召喚を狙うか、他のカードで除去した方が遥かにリターンが大きい。
 また、破壊耐性魔法・罠カードのどちらにも無力な点も、(1)と共通している。
 一応、《転生炎獣ヒートライオ》魔法・罠除去が可能であり、魔法・罠カードに弱い点は補える。

 総じて単体では何もできないモンスターであり、効果を使用するには儀式召喚以上のサポートが必須となっている。
 にもかかわらず、どちらの効果も、重いコストに見合ったメリットがあるとは言えず、儀式召喚ギミックを導入する手間も合わせて非常に使い難い。
 一応、高攻撃力を活かした《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》融合素材に適しているが、その用途ではより使いやすい《転生炎獣Bバイソン》も存在する。
 【サラマングレイト】においても、採用は難しいだろう。
 なお、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》カウンターを増やす目的で墓地へ送ることも考えられるが、その目的ならば《嵐竜の聖騎士》の方が扱いやすい。

関連カード

―《転生炎獣エメラルド・イーグル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《転生炎獣エメラルド・イーグル》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 サイバース族 攻2800 守2000 サラマングレイト

広告