転生炎獣(サラマングレイト)フォウル》

効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「転生炎獣フォウル」以外の
「サラマングレイト」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのセットされた魔法・罠カードは発動できない。

 ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−で登場した炎属性サイバース族下級モンスター
 同名カード以外のサラマングレイト召喚特殊召喚トリガーとして手札から特殊召喚できる誘発効果相手セットされた魔法・罠カード1枚の発動をそのターンだけ封じる起動効果を持つ。

 (1)は同名カード以外のサラマングレイト召喚特殊召喚トリガーとした手札からの特殊召喚
 トリガーは非常に緩く、【サラマングレイト】では手札に握ってさえいれば大体の場面で特殊召喚できる。
 サラマングレイト下級モンスターの中では比較的高い攻撃力を持つのでそのままアタッカーとして利用するのも良い。

 (2)は相手セットされた魔法・罠カード1枚の発動をそのターンだけ封じる効果
 除去するわけではないため普通に使用するとディスアドバンテージになりがち。
 【サラマングレイト】魔法・罠除去の手段を複数抱えているためそちらを利用した方がアドバンテージの面でもよい。
 基本的には手札フィールドサラマングレイト墓地へ送る手段として見なしておけば良いだろう。

  • 「fowl」は英語で「家禽(アヒル・七面鳥など)」を意味する。
    だが、トサカや背面に広がる翼のような炎を考慮すると孔雀の英名「Peafowl」が由来だろう。
    孔雀=Peacockと覚えている人が多いが、Peacockは特に雄の孔雀を指す呼称であり、Peafowlは雄雌両方の孔雀を意味する。

関連カード

―他のモンスター召喚に成功した時に自身を手札から特殊召喚できるモンスター《エーリアン・ドッグ》を参照

収録パック等


Tag: 《転生炎獣フォウル》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 サイバース族 攻1800 守200 サラマングレイト

広告