伝説の賭博師(レジェンド・ギャンブラー)/Gambler of Legend》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻 500/守1400
コイントスを3回行う。
3回とも表だった場合、相手フィールド上モンスターを全て破壊する。
2回表だった場合、相手の手札をランダムに1枚捨てる。
1回表だった場合、自分フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。
3回とも裏だった場合、自分の手札を全て捨てる。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 コイントスを行い、判定に従って処理する起動効果を持つ。

 コイントス効果を持ち《時の魔術師》に近いギャンブルカード
 3回表になる確率は低いので大逆転にかけるなら《時の魔術師》を使いたい。

 得をする効果は五分五分だが、手札を全て捨てる効果メリット効果以上のデメリットとなる可能性がある。
 反面、手札が少ない場合にはリスクが軽減し、予め手札魔法・罠カードフィールドセットしておく手もある。
 【暗黒界】に投入する場合は手札捨てる効果メリットとなることもある。
 また、発動チェーンして《サンダー・ブレイク》などで手札捨てるのも有効。

 《銃砲撃》除外した場合は成功が約束される。
 また《エンタメデュエル》ドロー条件を満たす際には重宝する。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vs鬼柳」(1戦目)後に、ラリー達がD・ホイールを運ぶ際の通行料としてばら撒いたカードの中に確認できる。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsアリト」(2戦目)において遊馬が使用したカウンター罠《ラスト・チャンス》のイラストに描かれている。
  • アニメDMのアニメオリジナル「KCグランプリ編」においてマスク・ザ・ロックが永続罠《伝説のギャンブラー》を使用しているが、特に関連性はない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上にモンスターが存在しない場合や、お互い手札が0の場合、このカードの効果発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できます。(13/12/09)


Tag: 《伝説の賭博師》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻500 守1400

広告