電子光虫(デジタル・バグ)−コアベージ/Digital Bug Corebage》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/昆虫族/攻2200/守1800
昆虫族・光属性レベル5モンスター×2体以上
このカードは自分フィールドのランク3・4の昆虫族XモンスターからX素材を2つ取り除き、
そのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスターの表示形式が変更された場合に発動できる。
自分の墓地の昆虫族モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性昆虫族エクシーズモンスター
 ランク3・4昆虫族エクシーズモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚できる召喚ルール効果守備表示モンスターデッキ戻す起動効果表示形式が変更された時にエクシーズ素材を補充する誘発効果を持つ。

 光属性レベル5の昆虫族モンスターは存在しないため、現状では通常手順のエクシーズ素材を揃えるにはレベル種族属性のいずれかを変更しなければならない。
 《光虫異変》の2つの効果を使えば揃えることもできるが、先にランク5を墓地において置く必要がある。

 自身の効果で重ねてエクシーズ召喚することは可能だが、その場合エクシーズ素材が1つしか残らないことが多い。
 《電子光虫−ライノセバス》にも繋げる場合は(2)の効果や他のカードを使って補充するか《RUM−アストラル・フォース》を使うことになる。
 エクシーズ素材1つ以上のランク3・光属性昆虫族《RUM−アストラル・フォース》を使い、重ねてもよいか。

 (1)は相手守備表示モンスター1体をデッキバウンスする効果
 効果発動させずにセットされたモンスターを安全に除去でき、モンスターも再利用させにくい形で除去できる。
 能動的に使用するなら《月の書》等の表示形式変更カードを使う他、《電子光虫−ウェブソルダー》効果を得た昆虫族エクシーズモンスターから繋ぐのも良い。

 (2)はモンスター表示形式が変更された場合に墓地昆虫族を自身のエクシーズ素材にできる効果
 《電子光虫−ライノセバス》にも繋げられる他、(1)の効果の利用ができる。
 こちらも上記同様に表示形式変更カード《電子光虫−ウェブソルダー》効果を活用していきたい。
 《機装天使エンジネル》と並べてこのカード対象にするのも手であり、このカードの低めの打点を補いつつ発動できる。
 また、次のターン攻撃表示に変更すれば2度目の補充も可能となる。

 守備表示限定だが毎ターン使える《鳥銃士カステル》として扱える事から、このカードと素材指定のない《No.20 蟻岩土ブリリアント》ランク3を扱うデッキ出張させる事も考えられる。
 その場合、《闇の護封剣》といった裏側守備表示にするカードと併用すれば、誘発効果対象耐性等を発動させることなく除去できる。
 上述の《機装天使エンジネル》の他、《セイクリッド・ヒアデス》も複数体を守備表示にする効果を持つので相性が良い。

  • カード名の「コアベージ」は英語でモンシロチョウを意味する「キャベージバタフライ(Cabbage butterfly)」と、コンピュータ用語の「コア(Core)」を組み合わせたものだと思われる。
    「Cabbage」だけでは「キャベツ」となり他の意味となってしまうあたりは、《電子光虫−ライノセバス》と同じ命名則である。
    また、電子光虫の中ではこのカードのみ、コンピュータ用語から始まるカード名になっている。

関連カード

―《電子光虫−コアベージ》の姿が見られるカード

このカードの素材にできる昆虫族エクシーズモンスター

ランク

ランク

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電子光虫−コアベージ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク5 光属性 昆虫族 攻2200 守1800

広告