電磁石の戦士α(エレクトロマグネット・ウォリアー・アルファ)/Alpha the Electromagnet Warrior》

効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1700/守1100
「電磁石の戦士α」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル8の「磁石の戦士」モンスター1体を手札に加える。
(2):相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。
デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−武藤遊戯−で登場した地属性岩石族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に磁石の戦士サーチできる誘発効果相手ターンマグネット・ウォリアーリクルートする誘発即時効果を持つ。

 マグネット・ウォリアーの中では《磁石の戦士β》と並んで攻撃力が高いため、【磁石の戦士】において下級アタッカーとして運用できる。
 しかし一方で《巨大ネズミ》等でリクルートできない欠点も共通している。

 (1)の効果サーチできるのは《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の2体となる。
 前者は自身も特殊召喚コストになり特殊召喚も容易なので優先的にサーチしたい。
 後者はある程度の前準備が必要になるので、(2)の効果も使ってリリースを揃えてサーチしたい。
 片方と《融合》が既に手札にあるなら、もう片方をサーチして《超電導戦機インペリオン・マグナム》融合召喚することもできる。

 (2)の効果は「エレクトロマグネット・ウォリアー」の共通効果
 相手ターンレベル4のマグネット・ウォリアーリクルートできるが、ステータスはこのカード自身と大差ないのでにはなり難い。
 守備表示特殊召喚して戦闘ダメージを抑えるか、エンドフェイズ発動して《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》ランク4のエクシーズ召喚に繋げる使い方が主になるだろう。
 《磁石の戦士δ》の場合、墓地肥やしが可能な上に、《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》特殊召喚する条件も整えやすい。
 《同胞の絆》《電磁石の戦士β》《電磁石の戦士γ》と並べるのも有効で、それぞれの(2)の効果を使うことで《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》の素材となる3種を揃えることができる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《電磁石の戦士α》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 岩石族 攻1700 守1100 マグネット・ウォリアー

広告