電脳堺龍(でんのうかいりゅう)龍々(ロンロン)

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/幻竜族/攻2400/守2000
同じ種族・属性のレベル3モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):X素材を持ったこのカードは相手の効果の対象にならない。
(2):相手フィールドに表側表示モンスターが存在し、
相手が自身のフィールドに存在しない属性のモンスターの効果を発動した時、
このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にする。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック22 付属カードで登場する地属性幻竜族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材を持つこのカード相手効果の対象にならない効果相手フィールドに存在しない属性モンスター効果相手発動した時それを無効にする効果を持つ。

 2体でエクシーズ召喚でき、デメリット効果のないランク3としては最高の攻撃力を持つ。
 ただ、エクシーズ素材属性種族が同じである必要があるため、採用できるデッキはある程度限られてくる。
 ランク3を出しやすく、属性種族が統一されやすいデッキとしては、【彼岸】【幻影騎士団】【3軸炎星】等が挙げられる。
 汎用カード出張セットでは、《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》や、《魔界発現世行きデスガイド》闇属性悪魔族《レスキューラビット》レベル同名通常モンスター等も有効である。

 (1)はエクシーズ素材を持つこのカード相手効果の対象にならない効果
 攻撃力がそこそこ高いため、この耐性と相まって場持ちは期待できる。
 ただし、2つエクシーズ素材を持つ状態で(2)を発動すると、この効果適用されなくなるため、(2)の効果《無限泡影》など対象をとる効果チェーンされるということが起こり得る。

 (2)はモンスター効果の発動無効にする効果
 無効にできるのは、「相手モンスターフィールド以外で発動した効果」かつ「そのモンスターと同じ属性モンスターフィールドに存在しない場合」に限られている。
 カテゴリデッキではモンスター属性が統一されていることも多く、対応しにくい。
 元のカテゴリに関係なく採用される、手札誘発《増殖するG》等が狙い目となるだろう。
 ただ、相手フィールドががら空きの状態では無効にできない。
 多くのモンスター効果発動するフィールドに対応できない点も致命的であり、総じて抑止力としては心許ない。

 とは言え、2体素材のランク3でモンスター効果を妨害できるのは数が少ないため、上記デッキでは選択肢の1つにはなる。
 《DNA移植手術》神属性宣言することで、神属性以外のフィールド外で発動する効果には対応できるようになるため併用するのもよい。
 ランクが異なるが《真竜皇V.F.D.》と並べることで、あちらの穴であるフィールド外の別属性効果に対応できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《電脳堺龍−龍々》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク3 地属性 幻竜族 攻2400 守2000

広告