土俵間際(どひょうまぎわ)/Edge of the Ring》

速攻魔法
(1):自分のLPが相手より少ない場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

 SAVAGE STRIKEで登場した速攻魔法
 相手モンスター対象発動し、元々の攻撃力の半分のダメージを与える効果を持つ。

 《ミスフォーチュン》速攻魔法版といえる性能を持つが、こちらにはライフポイントに関する発動条件がある。
 発動後に発生するデメリットも、大抵のバーンデッキなら気にならない《ミスフォーチュン》攻撃制限と比べ、こちらはデッキタイプによらず被害を受ける。
 《ミスフォーチュン》と異なり、攻撃戦闘破壊は可能ではあるが、戦闘ダメージを与えられないデメリットによりあまり意味をなしていない。

 速攻魔法なので、相手ターンに使用できる。
 相手ターン発動すればデメリットも気になりにくい。
 相手がまだ攻撃力の高いモンスターを展開していない時点ならば、自分ターンを待たなければならない《ミスフォーチュン》と比べ、こちらをセットしておく方がダメージを与えるのは早い。
 1体の攻撃力を高めて1ターンキルを狙うようなデッキの場合、そもそも自分ターンが来る前に敗北することもあるため、こちらの方が充分利便性が高くなり得る。
 相手ターン中のみ使える自己強化も多い。

 バーンデッキであれば《ミスフォーチュン》の方が便利だが、こちらは相手ターンに使うことを前提に考えればビートダウンでも採用する意義がある。
 ただし発動条件効果の関係上、1度発動すると2枚目以降が腐りやすくなる点には注意したい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《土俵間際》 魔法 速攻魔法

広告