怒炎壊獣(どえんかいじゅう)ドゴラン/Dogoran, the Mad Flame Kaiju》

効果モンスター
星8/炎属性/恐竜族/攻3000/守1200
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 EXTRA PACK 2016で登場した炎属性恐竜族最上級モンスター
 壊獣共通の3つのルール効果壊獣カウンターを3つ取り除いて相手モンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 壊獣共通の効果については壊獣を参照。

 固有効果相手モンスター全体除去
 自身の特殊召喚のために相手フィールド特殊召喚した壊獣を処理しつつ、他の相手モンスターも一掃できる。
 【壊獣】は展開力が低くモンスターの数に差をつけられがちなので、ボード・アドバンテージを振り出しに戻せるこの効果の価値は高い。
 破壊なので《KYOUTOUウォーターフロント》壊獣カウンターを乗せることもでき、相手モンスターを3体以上破壊すれば実質ノーコストとなる。
 発動後は自身が攻撃できなくなるデメリットが生じるため、エクシーズ素材シンクロ素材にしたり、《壊獣の出現記録》で他の壊獣と入れ替えたりすると良い。
 《偉大魔獣 ガーゼット》リリースにすれば攻撃力6000の直接攻撃を叩き込める。

 固有効果起動効果なので、相手送りつけてもそのターン中は効果発動される危険性がなく、送りつけにも適している。
 問題は攻撃力の高さだが守備力は低いので、《壊獣捕獲大作戦》守備表示にしたり、《壊獣の出現記録》守備表示特殊召喚すれば、《海亀壊獣ガメシエル》でも戦闘破壊できる。

 【壊獣】以外では、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同様の役割で《火霊使いヒータ》を軸とした【霊使い】【ゴーレム】で採用する手もある。
 恐竜族《化石調査》《魂喰いオヴィラプター》で容易にサーチ墓地送りが可能なので、【恐竜族】への採用も良い。
 相手フィールドに展開するだけでなく、通常召喚蘇生に対応する恐竜族最上級モンスターとしても扱い易いアタッカーだろう。

  • 《対壊獣用決戦兵器スーパーメカドゴラン》の存在からすると、このモンスターの直接のモチーフは「怪獣王」として名高い「ゴジラ」だろう。
    特に、各所が赤く発光した姿は『ゴジラvsデストロイア』(1995年)に登場した通称「バーニングゴジラ」を思わせる。
    ただ細かなデザイン自体はゴジラとあまり似ておらず、巨大な翼を持つ上半身と刺々しいシルエットなどは同映画に登場する怪獣「デストロイア」に近い。
  • 「火を吐く直立二足歩行の恐竜型怪獣」という、きわめて典型的な怪獣の姿である。
    『原子怪獣現る』(1953年、アメリカ)や初の国産怪獣映画『ゴジラ』(1954年)以来、巨大な爬虫類のような姿は怪獣の基本となり、今日に至るまで多くの派生系を生み出してきた。
    「火を吐く」のも昭和怪獣の基本的能力だったが、光学合成やCGの発達に伴って本物の炎よりも光線技の方が撮影しやすくなり、平成に入った辺りからは、文字通りの「火」を吐く怪獣は減少傾向にある。
    実はゴジラも、初出の1954年版では「放射性物質を含む高温のガス」、後のシリーズ作品では熱線という設定であるため、火を吐いたことはない。
    2016年の『シン・ゴジラ』でようやく火を吐いたが、それも熱線の前段階である。
  • なお、1964年公開の東宝映画『宇宙大怪獣ドゴラ』には「ドゴラ」という名の怪獣が登場するが、クラゲとアメーバを合体させたような姿をしており、似ても似つかない。
    名前の類似は偶然であろう。

関連カード

イラスト関連

―《怒炎壊獣ドゴラン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《怒炎壊獣ドゴラン》 モンスター 効果モンスター 星8 炎属性 恐竜族 攻3000 守1200 壊獣

広告