(ぬす)()ゴブリン/Peeking Goblin》

通常魔法
相手はデッキの上からカードを3枚めくる。
自分はその中から1枚を選択して相手のデッキの一番下に戻し、
残りのカードを好きな順番で相手のデッキの上に戻す。

 GENERATION FORCEで登場した通常魔法
 相手デッキを3枚までピーピングし、1枚だけデッキの一番下に戻した上で、ドローの順番を操作できる効果を持つ。

 相手ドローを把握した上である程度の妨害ができるので効果自体はそう悪いものではないのだが、このカードの消費の分がディスアドバンテージになってしまうのが厳しい。
 遊戯王OCGは数ターンで早々に決着がつくことも珍しくなく、また手札1枚の重要性が大きいため、手札を消費した上で先を見通すこのような効果はあまり有効ではない。
 サーチリクルートを多用する相手にも意義が乏しく、直接的に展開を補助するカードや状況を打破できるカードを採用し、先を見通すまでもなく押し切ったほうが良いだろう。
 どうにも採用する理由を見出しづらいカードである。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:3枚めくったカードを選択する際選択したカード相手確認することができますか?
  また、好きな順番で戻すとのことですがその順番を相手確認できますか?
A:相手は、デッキの一番下戻すカードも残りのカード戻す順番も、どちらも確認できます。(11/05/02)


Tag: 《盗み見ゴブリン》 魔法 通常魔法 ゴブリン

広告