(まめ)まき》

通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルの数だけ自分の手札を選んで捨て、
捨てた数だけ自分はデッキからドローする。
その後、対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した通常罠
 対象にした相手モンスターレベルの数だけ手札交換を行い、その後そのモンスター手札バウンスする効果を持つ。

 手札交換した上で相手モンスターとこのカード1:1交換にできるため、損失はない。
 しかし、自分の手札枚数以下のレベルを持つモンスターしか対象にできないので、バウンスの主な標的であるエクストラデッキから出てきたモンスター対象にするのが非常に難しい。
 シンクロモンスター融合モンスターは高レベルのものが多く、そもそもレベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスターは一切対象にできない。

 手札が6枚以上になる状況はそう多くなく、相手下級モンスターを狙ってバウンスしつつ手札交換を行うのが基本となるか。
 しかし、下級モンスターバウンスしても相手に与えられる損害は小さく、攻め手を多少遅らせることができる程度。
 手札交換にしても罠カード故即効性がないのが難。

 手札捨てることによる手札交換なので墓地を肥やすことはできる。
 また、効果で複数枚捨てるため、暗黒界なら大量展開を狙いやすい。
 《暗黒界の導師 セルリ》送りつけてこのカードバウンスすれば1枚しか捨てられないものの、あちらの再利用も狙える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《豆まき》 通常罠

広告