独法師(ひとりほうし)

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 100
自分フィールドにモンスターが存在する場合、
このカードは召喚・特殊召喚できない。
(1):このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドにこのカード以外のモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。
このカードを破壊する。

 CHAOS IMPACTで登場した地属性天使族下級モンスター
 自分モンスターがいると召喚特殊召喚できない効果外テキスト、自身を手札から攻撃表示特殊召喚できる召喚ルール効果、他に自分モンスター召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に自壊する誘発効果を持つ。

 ノーコスト特殊召喚できるが、自分フィールドモンスターが存在するとフィールドに出せず、他のモンスターが出されると自壊するというデメリットを抱えている。
 同じレベルにはより緩い特殊召喚条件の《天威龍−アーダラ》《ジェスター・コンフィ》特殊召喚条件が同じでデメリットのない《時械巫女》が存在する。
 特に《天威龍−アーダラ》は同じ地属性《時械巫女》は同じ天使族であるため属性種族での差別化も困難。
 一応、地属性天使族であるのが独自の点だが、それを活かすのは難しい。

 このようにただ容易に特殊召喚可能なモンスターとして活かすのは難しいため、デメリットである自壊を活かせるデッキで使用したい。
 例えば【機皇】ならレベル1サポートを共有しつつ、機皇帝特殊召喚トリガーになる。
 【もけもけ】においてもこのカード《怒れるもけもけ》が存在する状態で《もけもけ》を出せば《怒れるもけもけ》効果を使える。

  • 「独法師」は「ひとりぼうし」「ひとりぼし」「ひとりぼっち」とも読み、教団などに属さないあるいは所属していたところから離脱した僧侶を指す。
    また、この言葉は「孤独」を意味する「独りぼっち」の語源でもある。
    イラストでは祠(ほこら)の陰にいる独りぼっちの法師が描かれ、祠の前に置かれた茶碗と同サイズで小さいことから、おとぎ話の「一寸法師」をモチーフにしている可能性もある。

関連カード

―(2)の類似効果

収録パック等


Tag: 《独法師》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 天使族 攻100 守100

広告