突撃(とつげき)ライノス/Rampaging Rhynos》

効果モンスター
星3/地属性/獣戦士族/攻1500/守1500
1ターンに1度、使用していない隣のモンスターカードゾーンを指定して発動できる。
自分フィールド上のこのカードをそのモンスターカードゾーンに移動する。
このカードの正面の相手モンスターを攻撃する場合、
ダメージステップの間このカードの攻撃力は500ポイントアップする。

 CYBERDARK IMPACTで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 カードの位置を変更できる起動効果と、カードの位置を参照して自己強化する永続効果を持つ。

 相手モンスターの正面にこのモンスター召喚すれば、強化された状態で攻撃できる。
 しかし、その後相手はこのモンスターから遠い位置にモンスター召喚するようになるであろうことから、2度目以降は効果適用が難しくなる。
 また、この効果自分から相手モンスター攻撃する時にしか適用されないため、には使えない。
 実質的に使い捨てになる可能性が高い割には、アップ後の攻撃力2000という値は少々力不足である。

 属性種族も同じで元から攻撃力2000である《ジェネティック・ワーウルフ》や、より高い攻撃力を発揮できる《スチームロイド》と比べると使いづらさは否めない。
 レベル3である点をエクシーズ召喚などに利用するか、《巨大ネズミ》などに対応することを活かして差別化すべきだろう。
 《イグザリオン・ユニバース》には及ばないが、自身の効果に加えて《野性解放》を併用した場合の攻撃力は3500に達する。
 しかし、ほぼ同じステータス《レオンタウロス》も存在しており、あちらは通常モンスター以外なら返しのターンでも2000を維持できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力がアップする効果の種別は何ですか?
A:永続効果です。(14/12/25)

Q:モンスター効果によって、隣のエクストラモンスターゾーンに移動する事はできますか?
A:《突撃ライノス》自身の左右どちらかのモンスターゾーンが使用されておらず空いている場合、その空いているモンスターゾーンのどちらかを指定して発動し、移動する処理を行う効果です。
  つまり、メインモンスターゾーンからエクストラモンスターゾーンに移動する事はできません。(17/03/25)

Q:エクストラモンスターゾーンがある縦列のメインモンスターゾーンに《突撃ライノス》が表側攻撃表示で存在しています。
  《突撃ライノス》と同じ縦列のエクストラモンスターゾーンまたはメインモンスターゾーン相手モンスター攻撃する場合、攻撃力はアップしますか?
A:同じ縦列のエクストラモンスターゾーン及びメインモンスターゾーンに存在しているモンスターはどちらも、「このカードの正面の相手モンスター」にあたりますので、どちらを攻撃する場合でも、攻撃力はアップします。(17/03/25)


Tag: 《突撃ライノス》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 獣戦士族 攻1500 守1500

広告