突撃指令(とつげきしれい)/Order to Charge》

速攻魔法
(1):トークン以外の自分フィールドの通常モンスター1体を対象として発動できる。
その通常モンスターをリリースし、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 ファラオの遺産で登場した速攻魔法
 自分フィールド上の通常モンスターリリースし、相手モンスター1体を選んで破壊する。

 《デュアルスパーク》の先駆けといえるような効果だが、ただ単に発動しただけでは、2:1交換ディスアドバンテージになる。
 エンドフェイズ破壊が確定している通常モンスターを利用したり、相手除去に対するサクリファイス・エスケープに使いたい。

 《王者の看破》等がある事を考えると、下級通常モンスターを多用するデッキで使っていくのがいいか。
 通常モンスターペンデュラムモンスターを多用するデッキとも相性はいい。

  • マスターガイドによれば将軍自ら前線で指示を与える事により、味方の士気を向上させている場面とのこと。
    効果を見ると特攻にも思えるが、ハ・デスと違い、自ら戦線に出るのが戦意維持の秘訣なのだろうか。
    またあちらと異なり、奥にいる兵士たちはOCG化されていない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択した通常モンスター《月の書》等で裏側表示になった場合に、そのモンスターリリースする処理は行われますか?
A:いいえ、行われず破壊する効果適用されません。(11/02/26)

Q:このカード効果リリースする処理とモンスター破壊する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/10/19)

Q:対象に選択した通常モンスター扱いのデュアルモンスター効果解決時効果モンスター扱いになった場合、そのモンスターリリースされますか?
A:リリースされません。(14/08/24)


Tag: 《突撃指令》 魔法 速攻魔法

広告