奈落(ならく)()とし(あな)/Bottomless Trap Hole》

通常罠(準制限カード)
(1):相手が攻撃力1500以上のモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
その攻撃力1500以上のモンスターを破壊し除外する。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常罠
 相手モンスター召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、破壊を経由して除外する効果を持つ。

 このカード発動できる場面は2箇所あり、条件を満たしたモンスター召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、もしくはチェーン1で発動され処理の最後が召喚反転召喚特殊召喚である効果の処理直後に定められている。
 セット以外のモンスターの召喚全てに対応しており、除外により墓地利用も封じ、《落とし穴》に比べて範囲こそ狭いが、多くのアタッカーに対応できるので性能は十分だろう。
 ガジェットや多くのリクルーターチューナーモンスター等には使えないが、シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げることが多く、それらのモンスターに撃てば1:2交換が成立する。
 また《スターダスト・ドラゴン》等のようにこのカードの効果無効化できたり、このカードの効果の影響を受けにくいシンクロモンスターエクシーズモンスターは、それだけで評価が高くなる事も多い。
 それだけこのカードの強力さ・存在感を示唆しているともとれる。

 主な注意点としては、まず《収縮》《月の書》チェーンされ、対象不在の不発とされる場合である。
 一応、この2枚を使われた場合、大抵相手の攻めの手を遅らせることは出来る。
 他にはダメージステップ中の発動も不可能なため、戦闘破壊によりリクルートされたモンスター《冥府の使者ゴーズ》除去できない。
 また、このカード除去したモンスター召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動した誘発効果などは、無効にできないことにも注意が必要である。
 《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 ホーネット》の組み合わせのようにこのカード自体を回避可能なコンボも存在するので、総じて過信は禁物である。

 同じ召喚反応罠カードとして、よく《神の警告》と比較され、共にモンスター除去用の魔法・罠カードの基準とされやすい。
 高ライフコストを代償に、低ステータスモンスター除去可能で、カウンター罠ゆえに《トラップ・スタン》などフリーチェーンの妨害もすり抜ける《神の警告》に対し、こちらはノーコストで戦況によらず扱いやすく、除外ゆえ再利用を許しづらいと、優位点も大きい。
 そもそも制限カードであるあちらに頼り切ることは不可能であるため、両者を併用するのが基本と言える。
 ただし、除外効果での破壊等の有効度は環境によって違うため、それらも加味していきたい。
 《トリオンの蟲惑魔》サーチが可能な点も大きく、場合によってはこちらを優先してもいいだろう。

  • このカードの存在から、攻撃力が1500はいわゆる「奈落ライン」として確立しており、それ以上か未満かでカードの評価が分かれることがある。
  • 公式サイトのワンプッシュ投票では《煉獄の落とし穴》と比較され、結果はこちらが90%近くの支持を得て圧勝した。
  • 「奈落」とは本来は「地獄」のことであり、転じて「どん底」等のことを指す。
    元々は日本語ではなく、サンスクリット語の「Naraka(ナラカ)」という言葉が中国語経由で転用されたものである。
    英語名は、直訳すると「底無しの落とし穴」である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」の、「城之内vsビッグ3(大岡)」戦において城之内が使用。
    セットしたが、大岡が低レベル・低攻撃力融合モンスターをサポートするという戦術を用いたため、発動する機会はなかった。
    また「ドーマ編」の羽蛾と竜崎の回想シーンにおいて両者が不良に暴行された時に落としたカードの1枚だが、どちらのカードであるかは確認できない。
  • アニメ5D'sにおける「クロウvsアキvsシェリー」戦において、シェリーが特殊召喚にしか対応できないが攻撃力を問わず、破壊を介さずに除外する《フルール・ド・ヴェルティージュ》を使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力が1500未満のモンスターフィールド魔法効果攻撃力1500以上になる場合、その召喚反転召喚特殊召喚に対し《奈落の落とし穴》を発動する事ができますか?
A:はい、発動する事ができます。
  永続効果フィールドに出た瞬間から適用されます。

Q:相手攻撃力1500以上のモンスター召喚したので自分が《奈落の落とし穴》を発動した時、相手はそのモンスター《月の書》チェーンして発動しました。
  この時、召喚されたモンスター除外されますか?
A:いいえ、除外されません。

Q:相手がこのカード発動し、効果解決時にその自分モンスターコントロール相手に移った場合でも除外されますか?
A:はい、除外されます。(11/06/02)

Q:「このカード召喚に成功した時〜」が発動条件効果を持つモンスターの召喚時にこのカード除外しました。
  この場合、相手モンスター効果発動しますか?
  (召喚成功になりますか?失敗になりますか?)
A:召喚は成功したものとなります。
  従って召喚成功を発動条件とする効果モンスター効果は問題なく発動し、「その効果の発動に対し、このカードチェーンして発動する」形となります。

Q:攻撃力2000のモンスター特殊召喚時にこのカード発動したところ、相手はこのカードチェーン《収縮》発動しました。
  この場合、処理はどのようになりますか?
A:《奈落の落とし穴》の効果処理時に、《収縮》等の効果によって召喚・特殊召喚に成功したモンスター攻撃力が1500以上でない場合、召喚・特殊召喚に成功したモンスター破壊されず除外もされません。(10/05/15)

Q:相手《陽気な葬儀屋》暗黒界を3体特殊召喚しました。この時《奈落の落とし穴》を発動し3体全てを破壊して除外する事ができますか?
A:暗黒界特殊召喚は1体1体がチェーンを作るため、この場合チェーンは「1:暗黒界A」「2:暗黒界B」「3:暗黒界C」と積まれます。
  この時、《奈落の落とし穴》は逆順処理で一番最後に特殊召喚される「1:暗黒界A」の特殊召喚にしか対応しません。

Q:相手《次元融合》発動した場合特殊召喚されたモンスターをまとめて除外できますか?
A:はい、特殊召喚された相手モンスターで、攻撃力1500以上のモンスターを全て破壊除外する事ができます。

Q:《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》の場合、どちらのプレイヤー特殊召喚した場合に《奈落の落とし穴》を発動する事ができますか?
A:相手が《奈落の落とし穴》のコントローラーフィールド特殊召喚した場合に《奈落の落とし穴》を発動する事ができます。

Q:《浅すぎた墓穴》効果による特殊召喚成功時に《奈落の落とし穴》は発動する事はできますか?
A:いいえ、できません。
  《奈落の落とし穴》は裏側守備表示特殊召喚に対しては攻撃力を判定する事ができないため発動する事ができません。

Q:「チェーン1《奈落の落とし穴》」→「チェーン《リビングデッドの呼び声》」とチェーンを積み、《リビングデッドの呼び声》によって攻撃力1500以上のモンスター特殊召喚した場合《奈落の落とし穴》によって破壊され除外されますか?
A:いいえ、破壊されず除外もされません。
  《奈落の落とし穴》は発動トリガーになったモンスターしか破壊除外しません。

Q:《アポピスの化神》《死霊ゾーマ》などの、モンスターカードとなった罠モンスター特殊召喚に対し、《奈落の落とし穴》を発動した場合、それらのカード除外されますか?
A:はい。他のモンスター同様破壊され、その罠カード除外されます。(08/08/04)

Q:攻撃力1500のモンスター1体と攻撃力1400のモンスター1体が同時に特殊召喚されたとき、《奈落の落とし穴》を発動し、チェーンして《突進》発動攻撃力1400のモンスター攻撃力を2100にした場合、2体がすべて破壊されますか?
A:はい。それぞれ破壊してゲームから除外します。(10/03/16)

Q:《暗黒界の武神 ゴルド》相手によって捨てられ効果発動し、相手魔法カード2枚を選択しました。
  相手チェーンして《非常食》を使い、その2枚を墓地に送りました。
  このチェーンを処理した後、《奈落の落とし穴》は発動できますか?
A:《暗黒界の武神 ゴルド》効果は、自身の特殊召喚に成功したタイミングにて処理が終了した扱いとなり、《奈落の落とし穴》を発動する事ができます。(11/08/29)

Q:《暗黒界の軍神 シルバ》相手によって捨てられ効果発動しましたが、この時相手手札が1枚以下でした。
  このチェーンブロックを処理した後、《奈落の落とし穴》は発動できますか?
A:1枚以下の時は効果不発なので《奈落の落とし穴》を発動することができます。(11/08/28)

広告