忍者(にんじゃ)マスター HANZO(ハンゾー)/Ninja Grandmaster Hanzo》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1800/守1000
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「忍法」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが反転召喚・特殊召喚に成功した時、
デッキから「忍者マスター HANZO」以外の
「忍者」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

 ORDER OF CHAOSで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 忍法または忍者サーチする2つの誘発効果を持つ。

 一つ目の効果は、召喚に成功した時に忍法サーチする効果
 サーチする忍法は状況によって異なるが、フリーチェーン除去を兼ねる《忍法 超変化の術》が扱いやすい。
 デッキによっては《忍法 変化の術》も可能であり、デッキキーカードだがサーチ手段に乏しい《霞の谷の巨神鳥》《ダーク・シムルグ》等のリクルート手段としても使用できる。
 基本的には上記二つが優先されるが、その他の忍法ももちろんサーチ可能である。

 二つ目の効果は、反転召喚・特殊召喚に成功した時に忍者サーチする効果
 同名カード以外の忍者全てをサーチできる点は優秀であり、【忍者】の中核となる効果である。

 サーチ効果忍法忍者コンボに使用せず、《サンダー・ブレイク》等の手札コスト確保として活用するのも一つの手段である。
 《ヴォルカニック・ロケット》と比較すると、攻撃力が劣りサルベージできないものの、種族属性サポートカードはこちらの方が多い。

 ステータスは高く、サーチ効果使用後も無理なくアタッカーとして活躍できる。
 《成金忍者》とはシナジーを形成しており、このカードサーチした忍法コストにでき、またこのカード特殊召喚して忍者サーチすることでアドバンテージを得られる。

 忍者忍法サーチする効果により、【忍者】で活躍するカードである。
 また、このカード《忍法 超変化の術》だけでも除去ドラゴン族海竜族恐竜族リクルートとして使用できるので、他のデッキ出張させることも考えられる。

  • モチーフは伊賀忍者の当主「服部半蔵」である。
    忍者の代名詞的な存在であり、彼をモチーフとするキャラクターが登場する小説、漫画、ゲームなどが数多く存在する。
    こうしたイメージの元になったのは、徳川家康に仕えた二代目半蔵こと「服部正成」であるが、実際に忍者だったのは初代である「服部保長」のみである。
    二代目以降の服部半蔵は、配下の伊賀同心200人が忍者であり、自身は幕府に仕える武士だった。

関連カード

イラスト関連

―《忍者マスター HANZO》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード特殊召喚した時に手札に加える効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/11/21)


Tag: 《忍者マスター HANZO》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1800 守1000 忍者

広告