忍法(にんぽう) 超変化(ちょうへんげ)(じゅつ)/Ninjitsu Art of Super-Transformation》

永続罠
自分フィールド上の「忍者」と名のついたモンスター1体と
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地へ送り、そのレベルの合計以下の
ドラゴン族・恐竜族・海竜族モンスター1体を
自分のデッキから自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、
そのモンスターをゲームから除外する。

 ORDER OF CHAOSで登場した永続罠
 お互いモンスター墓地へ送り、そのレベルの合計以下のドラゴン族恐竜族海竜族デッキから特殊召喚する効果を持つ。

 《忍法 変化の術》と比べ、相手モンスター除去できるため単純なディスアドバンテージにはならない。
 《超融合》とは性質が似ており、あちらは手札コストを要するのに対し、こちらは《忍者マスター HANZO》からサーチ、それを墓地へ送る忍者にすればアドバンテージを得る事すら可能である。
 《忍者マスター HANZO》によるサーチ伏せておくだけで、相手表側表示モンスターを出しにくくなる。

 ただし、永続罠故に発動《サイクロン》等でチェーン破壊されると不発になってしまう。
 そして、特殊召喚したモンスターはこのカード除去されると除外されてしまうデメリットもある。
 また、レベルを参照するためエクシーズモンスター除去はできない。
 とはいえエクシーズ召喚の過程を妨害していくことはできるため、エクシーズモンスター主体のデッキ相手でも問題なく活躍できる。

 特殊召喚するモンスター墓地へ送る相手モンスターレベルにも依存するため、最上級モンスターは出せない場合もありうる。
 《忍法 変化の術》と違い手札からの特殊召喚もできないため、最上級を軸にすると手札事故を誘発する危険もある。
 《ホルスの黒炎竜 LV6》《マテリアルドラゴン》といった上級モンスターで妥協する手もあるが、【忍者】においては展開時の召喚権を忍者に回しがちであり、リリース1体であっても手軽に捻出できるわけではない。

 制圧力と汎用性を両立させるならば、手札にあっても特殊召喚しやすいモンスターを利用するのが無難である。
 忍者には闇属性《忍者マスター HANZO》光属性《成金忍者》が存在するため、《ダークフレア・ドラゴン》《ライトパルサー・ドラゴン》は比較的手札事故になりにくい。
 後者を軸に、ランク6のエクシーズ召喚をも狙うならば《聖刻龍−トフェニドラゴン》下級モンスターを抑えるだけの攻撃力を持つので扱いやすい。
 また《異界の棘紫竜》も展開しやすい。
 これらよりも展開のしやすさを重視し、戦闘能力をエクシーズ召喚で補うならば《ドラゴン・アイス》《バイス・ドラゴン》を利用しても良い。
 この場合、忍者である《機甲忍者フレイム》を利用すればランク5のエクシーズ召喚を狙いやすい。

 《忍者マスター HANZO》サーチ可能でアドバンテージを得られる除去カードと割り切り、特殊召喚先は下級モンスターに限定するのも手である。
 比較的強力な下級モンスターとしては《エヴォルカイザー・ラギア》に繋がる《ジュラック・グアイバ》攻撃力の高い《アレキサンドライドラゴン》が挙げられる。
 《ヴェルズ・ザッハーク》《コアキメイル・ドラゴ》なら相手を牽制することが可能。
 《ジュラック・ヴェロー》《仮面竜》などのリクルーターや、各種チューナーを展開しても良い。

 また《フォトン・リザード》ならば、一方がフィールドを離れても不発になりにくく、サーチに繋げば自壊のリスクもない。
 《フォトン・スラッシャー》忍者エクシーズ召喚を狙いやすい点もポイントである。
 リクルート時には効果を使用できないが、《成金忍者》蘇生してエクシーズ召喚に繋げられる《デブリ・ドラゴン》も、守備力の高さから手札事故リクルート先の不足分をカバーするには申し分ない。

 変わった所で、普通では発動させにくい《ラヴァ・ドラゴン》効果を狙ったり、《ハードアームドラゴン》から最上級モンスターアドバンス召喚を狙う、《ヴェルズ・サラマンドラ》を利用して《速攻の黒い忍者》除外コンボを共有するといった、特定のキーカードリクルートする手段としても利用できる。
 《海竜神−ネオダイダロス》を狙うデッキならば、《海竜−ダイダロス》はもちろん、エクシーズ召喚を経由する事でサーチが行える《海皇の竜騎隊》や、《海皇の竜騎隊》手札から墓地へ送る事のできる《ドラゴン・アイス》リクルートできるなどなかなかに柔軟な動きができる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:合計するレベルフィールド上と墓地のどちらにおけるレベルを参照しますか?
A:墓地における元々のレベルを参照します。(11/11/28)

Q:どちらか1体にエクシーズモンスターを選ぶことはできますか?
A:エクシーズモンスターレベルではなくランクのため選ぶことはできません。(11/11/19)

Q:どちらか1体にモンスタートークンを選ぶことはできますか?
A:できます。なお、モンスタートークン墓地へ送られる処理にて消滅しますので、レベルの合計分に含める事はできません。(11/11/28)

Q:罠モンスターを選択して墓地へ送った場合、そのレベルを合計分に含める事はできますか?
A:いいえ、墓地へ送った時点でモンスター扱いではなくなりますので、レベルの合計分に含める事はできません。(12/03/15)

Q:自分フィールド上に裏側表示で存在する忍者と名のついたモンスター対象にして発動することは可能ですか?
A:いいえ、できません。対象とするモンスターはどちらも表側表示である必要があります。(11/11/26)

Q:効果解決時対象に選択したモンスター裏側表示になっている場合、どのように処理しますか?
A:その場合でも裏側表示モンスター墓地へ送られレベルの合計分にも含まれます。(11/12/15)

Q:効果解決時対象に選択したモンスターコントロールが移っていた場合は、どのような処理を行いますか?
A:その場合でも、通常通り対象としたモンスター墓地へ送る事ができます。(11/12/29)

Q:効果解決時デッキ特殊召喚可能なモンスターが存在しなくなった場合、選択したモンスター墓地へ送られますか?
A:はい、その場合でもモンスター墓地へ送る処理のみ行います。(11/11/28)

Q:《次元の裂け目》が存在する場合に、このカード発動特殊召喚をすることはできますか?
A:《次元の裂け目》が存在する場合でも発動できます。ただし、モンスター墓地へ送られないため、特殊召喚はできません。(11/11/28)

Q:このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードの効果特殊召喚されたモンスター対象に取り続けますか
A:はい、そうです。(11/11/23)

Q:効果解決時対象に選択したモンスターの内1体がフィールド上に存在しなくなり、残りの1体のみが墓地へ送られた場合でも、その墓地へ送ったモンスターレベル以下のモンスター特殊召喚できますか?
A:効果解決時対象に選択したモンスターの内1体がフィールド上に存在しなくなった場合でも残りの1枚は墓地に送り、その場合でもその墓地へ送ったモンスターレベル以下のモンスター特殊召喚できます。(11/11/21)

Q:デッキ内に特殊召喚対象が存在しない場合にも発動可能ですか?
A:できません。(12/01/28)

Q:自分デッキには《青眼の白龍》(レベル8)がいます。
  自分《忍者マスター HANZO》(レベル4)と、相手の「《甲虫装機 ダンセル》を装備した《甲虫装機 ホーネット》」(本来のレベルは3だが、フィールドでは6)を対象発動できますか?
A:はい、発動できモンスター墓地へ行きます。
  ただしレベルの数値は墓地におけるレベル合計の7(=4+3)として勘定するので、《青眼の白龍》特殊召喚できません。(12/05/02)

Q:《群雄割拠》が存在する場合、自分フィールド上に忍者と名のついた戦士族モンスターのみが存在する場合に発動可能ですか?
A:その場合、発動する事はできません。(12/04/09)

Q:相手フィールド上のペンデュラムモンスター対象発動した場合、ペンデュラムモンスター墓地に送られますか?また、特殊召喚するモンスターレベルはどうなりますか?
A:ペンデュラムモンスターは、墓地に送られる代わりにエクストラデッキに加わるので、ペンデュラムモンスターエクストラデッキに加わります。ですから、墓地へ送られたモンスター自分フィールド上の忍者モンスターのみになるので、特殊召喚するモンスターレベルは、自分フィールド上から墓地へ送られた忍者モンスター以下のレベルになります。(15/05/18)


Tag: 《忍法 超変化の術》 永続罠 忍法

広告