忍法(にんぽう) 分身(ぶんしん)(じゅつ)/Ninjitsu Art of Duplication》

永続罠
(1):自分フィールドの「忍者」モンスター1体をリリースしてこのカードを発動できる。
レベルの合計がリリースしたモンスターのレベル以下になるように、
デッキから「忍者」モンスターを任意の数だけ表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは全て破壊される。

 EXTRA PACK 2012で登場した永続罠
 忍者を1体リリースし、レベルの合計がリリースした忍者レベル以下になるように任意の数の忍者リクルートする効果を持つ。

 第1の使い途は、「リリースした忍者同名カード・もしくは同レベル忍者リクルートする」事。
 同名カードや同レベルモンスターを入れ替えるだけでも、連続攻撃サクリファイス・エスケープ等、できる事は多い。
 《忍者マスター HANZO》召喚時にこのカードサーチでき、このカード同名カードリクルートすることで忍者サーチできる。
 これを利用してフィールド墓地忍者を揃えつつ手札《黄昏の忍者将軍−ゲツガ》を用意することもできる。
 他には《成金忍者》《覆面忍者ヱビス》1ターンに1度効果発動した後、アタッカー忍者に入れ替わる事も可能。
 《機甲忍者エアー》《機甲忍者フレイム》レベルを操作した後、また新たな忍者を呼び出す事で、狙ったレベルエクシーズ召喚を行える。

 第2の使い途は、「リリースした忍者よりレベルの低い忍者を大量にリクルートする」事。
 低レベル忍者デッキに複数枚搭載する必要があるためデッキ構築が縛られるが、得られるカード・アドバンテージは大きい。
 レベル4の《忍者マスター HANZO》リリースするだけでレベル忍者4体を出せるので、容易に《鎖龍蛇−スカルデット》などリンク4のリンク召喚を行うことができる。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》を挟めばリンク5分のリンク素材を確保可能。
 ランク1のエクシーズ素材の確保方法としても使える。~ 

 リクルートできるレベル1の忍者は、《青い忍者》《赤い忍者》《黄昏の忍者−カゲン》の3種類。
 裏側守備表示でのリクルートも可能なので、《青い忍者》《赤い忍者》リバース効果の使用も狙える。
 レベルの低いリバースモンスターを多用する《渋い忍者》軸の【忍者】では扱いやすい。

  • 英語名の「Duplication」は「複製」という意味。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:リリースしたモンスターレベルカードの効果で変化していた場合、フィールド墓地のどちらにおけるレベルを参照しますか?
A:フィールドで変化していたレベルを参照します。(12/10/13)


Tag: 《忍法 分身の術》 永続罠 忍法

広告