念動増幅装置(ねんどうぞうふくそうち)/Telekinetic Charging Cell》

装備魔法
サイキック族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの効果を発動するために払うライフポイントが必要なくなる。
装備モンスターが破壊される事によってこのカードが墓地へ送られた時、
1000ライフポイントを払う事でこのカードを手札に戻す。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した装備魔法
 装備モンスターモンスター効果の発動に必要なライフコストを0にすることができる。

 装備するサイキック族は、1ターンに複数回効果を発動することができる《ディストラクター》が強力。
 ノーコスト相手フィールド上のセットされた魔法・罠カード破壊する事ができる。
 受動的な効果だが、《クレボンス》《メンタルスフィア・デーモン》モンスター効果発動する機会が多い。
 前者はこのカードが装備されている限り永続的に自身への攻撃無効にでき、後者はサイキック族1体を対象とした魔法・罠カードをいくらでも無効にして破壊できる。
 《マスター・ジーグ》《マックス・テレポーター》といった、ライフポイントの消費が非常に大きいカードに使用するのも良いだろう。
 ただし《サイコ・コマンダー》のように、払ったライフの量に応じてその効果の効力に変化を与えるものに関してはその効果発動すること自体できなくなる。(09/09/26)
 (類例:《スター・ブラスト》と《魔力倹約術》の関係

 後半の効果装備モンスター破壊され墓地へ送られた時、ライフを支払えばこのカードサルベージできる効果
 これは自身の効果自壊してしまうことの多い《ディストラクター》と相性がいい。
 現在のサイキック族効果や一度に支払うライフの最大値を見る限りでは、無理をして回収する必要はないが、ハンド・アドバンテージを失わないという意味で悪くない効果と言える。
 また、ライフを払って使いまわした方が結果的にライフコストが抑えられる場合もある。

関連カード

―類似効果

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:戻す処理はチェーンブロックを作りますか?
A:はい、チェーンブロックが作られ、墓地発動する効果になります。(09/10/08)

Q:ダメージステップ中に墓地へ送られた時でも戻す効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/10/08)

Q:《DNA改造手術》《SNo.39 希望皇ホープONE》種族サイキック族となっている場合、効果発動するためにライフを10になるように払う時に代わりに《脳開発研究所》カウンター置いたり、《念動増幅装置》を装備してライフを10になるように払わずに効果発動したりできますか?
A:《SNo.39 希望皇ホープONE》効果発動する際に、ライフを払う代わりに《脳開発研究所》カウンター置いたり、《念動増幅装置》を装備してライフを払わずに発動する事はできません。(14/11/06)


Tag: 《念動増幅装置》 魔法 装備魔法

広告