()(さか)るヒータ/Blazing Hiita》

効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻 800/守1500
このカードを除く自分フィールド上の
炎属性モンスター1体を生け贄に捧げる事で、
手札から炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
この効果によって特殊召喚されたモンスターは、
「燃え盛るヒータ」が自分フィールド上から離れた場合破壊される。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した炎属性魔法使い族下級モンスター
 自身と同じ属性モンスター手札から特殊召喚する起動効果を持つ。

 属性の制限は【炎属性】で運用するのであればさほど気にならない。
 しかし、特殊召喚制限のある炎属性も多く、他も専用の特殊召喚手段を持っているものも多い。

 特殊召喚できる中では、《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》自壊を有効活用でき、さらに手札に来た場合の特殊召喚手段が少ない事から候補となる。
 《炎王炎環》と役割が被りがちになるが、上記のコンボにもできるので併用してみるのもいいだろう。
 《絶対服従魔人》特殊召喚可能な炎属性モンスターの中でも最大攻撃力だが、《愚鈍の斧》等が無ければ攻撃できず扱いにくい。

 《稲荷火》とは相性が良く、このカードリリースを賄える他、同じレベル4のため、エクシーズ素材に使える。
 このカード効果《稲荷火》特殊召喚させて自壊させた場合も蘇生が可能。
 ペンデュラム召喚リリースを賄うのであれば、イグナイト辺りが扱いやすいか。

  • 《火霊使いヒータ》が成長した姿だが、ステータス攻撃力が300ポイントアップしただけである。
    マスターガイド2によれば燃え盛る業火を自由に操り、自分達の領域に侵略する敵には容赦はしないと書かれている。
  • 成長したことで面構えが凛々しく、と言うよりもはや悪役面に。
    また、髪などの色が成長前から変わっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《燃え盛るヒータ》 モンスター 効果モンスター 星4 炎属性 魔法使い族 攻800 守1500

広告