覇王黒竜(はおうこくりゅう)オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン−オーバーロード》

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、「リベリオン」モンスターまたは
「幻影騎士団」モンスター1体をこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
その後、自分のPゾーンのカード1枚を選んでそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。
【モンスター効果】
レベル7モンスター×2
自分は「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン−オーバーロード」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
このカードは自分フィールドの「リベリオン」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もでき、
レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
(1):ランク7のXモンスターを素材としてX召喚したこのカードは
1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。
(2):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場する闇属性ドラゴン族エクシーズペンデュラムモンスター
 以下の効果外テキストモンスター効果ペンデュラム効果を持つ。

 (1)のモンスター効果による3回攻撃を意識するか否かで使い方が大きく分かれるモンスターである。

 意識する場合は、ランクエクシーズモンスターを素材にエクシーズ召喚する事が目的となる。
 最も簡単な取得条件は、《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》に重ねてエクシーズ召喚する方法である。
 あちらをエクシーズ召喚する方法についてはあちらのページを参照。
 また、《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》エクストラモンスターゾーンに出して《グラビティ・コントローラー》に変えれば《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》を直接特殊召喚できる。
 このカードを含めてエクストラデッキを4枚消費するが、《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》エクシーズ素材縛りがなく、《グラビティ・コントローラー》効果除去もできるのが利点。
 その他には、下記の方法で出したこのカードを次のターンまで維持して同名カードを重ねるやり方でも可能。
 《相克の魔術師》《相生の魔術師》ペンデュラム効果を使用する手もあるが、それならば《覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン》を出した方が効率が良いだろう。
 なお、エクシーズモンスターエクシーズ素材エクシーズ召喚に成功する必要があるため、エクシーズ召喚後に素材補充効果などでエクシーズ素材を得ても適用はされない。

 効果を得た状態で相手モンスターを排除しておけば、3000×3=9000ダメージにより1ターンキルが可能となる。
 《ダーク・アームド・ドラゴン》《月華竜 ブラック・ローズ》効果モンスター除去をした後に《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》エクシーズ素材になれるので相性が良い。
 モンスター越しの戦闘でも、何らかの強化カードと併用すれば8000ダメージに届くこともあり得る。
 仕留めきれず返しのターンを迎えても、破壊による除去ならば下記の通りペンデュラム効果に繋がるので無理に1ターンキルに拘らないのも手か。

 意識しない場合は(1)のモンスター効果を無視して、モンスターゾーンからペンデュラムゾーンに移動させてペンデュラム効果に繋げる事を重視したい。
 エクシーズ素材縛りが無く、ランク4の《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》に重ねても出せるため、ランク4または7を採用するデッキならば特殊召喚は容易。
 その状態で破壊されれば(2)のモンスター効果によりペンデュラムゾーンに移動でき、ペンデュラム効果に繋げられる。
 除外バウンスには弱いので、メインフェイズ2や相手ターンに能動的に破壊するのも手。
 あるいは、《ペンデュラム・スイッチ》を使って移動させてもよいだろう。
 なお、打点要員としても利用できるが、それならば単純に《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》を使った方が高打点を得られるので使う意義は薄い。

 そのペンデュラム効果は、このカード特殊召喚した上でリベリオン幻影騎士団エクシーズモンスターを重ね、その後任意でもう片方のペンデュラムゾーンカードエクシーズ素材にできるもの。
 出すモンスターの筆頭候補は、レベル7以下のモンスター除去3回攻撃バーン効果を持ち、1ターンキルも狙いやすい《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》だろう。
 レベル8以上やレベルを持たないモンスターにも効果が有効でフィニッシャー性能も高い《覇王眷竜ダーク・リベリオン》も有力候補である。

 ただし、ペンデュラム効果は自身の特殊召喚を含むため、このカード特殊召喚したターンには発動できない点に注意したい。
 正規手順で特殊召喚した後でなければペンデュラムゾーンからの特殊召喚はできないため、最低でも2ターンはかかる。
 また、2度このカード特殊召喚することになるため、ペンデュラム効果同名カードエクシーズ召喚することはできない。

 ペンデュラム効果発動する前に破壊されても、レベル7がペンデュラム召喚可能な場合にはペンデュラム召喚で復活できる。
 この場合は単純な打点要員、あるいは再び(2)のモンスター効果から次のターンペンデュラム効果に繋げるのが目的となるだろう。
 同条件では上述した《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》ペンデュラム召喚が可能。

  • カード名は29文字、テキストは391文字あり、そのどちらもがOCGでも指折りの長さを持つ稀有なカードである。
    2019年11月現在のそれぞれの最長文字数がの32文字397文字なのでいずれもトップに迫ろうかという長さとなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン−オーバーロード》 モンスター エクシーズモンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター ランク7 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 スケール4 オッドアイズ リベリオン

広告