覇王門(はおうもん)無限(インフィニティ)/Supreme King Gate Infinity》

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
【Pスケール:青13/赤13】
(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合、自分はP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復する。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族のXモンスターまたは
ドラゴン族のPモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、
効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性悪魔族最上級ペンデュラムモンスター
 モンスター自分フィールドに存在する時にペンデュラム召喚できなくなるペンデュラム効果《覇王龍ズァーク》が存在する時に相手モンスター攻撃力分のライフ回復を行うペンデュラム効果、自身と自分フィールドのカード破壊する事でドラゴン族エクシーズペンデュラムモンスター特殊召喚する起動効果破壊された場合にペンデュラムゾーンに移動する誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果《覇王龍ズァーク》が存在する場合に発動可能な回復効果
 《覇王龍ズァーク》全体除去効果持ちなので相手モンスターが存在しない場合がある。
 しかし、破壊耐性持ちの大型モンスター攻撃力も備えている場合が多く、破壊されなかったモンスターを利用して回復できる。
 ただ、(1)のデメリットとかみ合わせが悪く、《覇王龍ズァーク》が存在する限りペンデュラム召喚が不可能。
 ペンデュラム召喚後に《覇王龍ズァーク》を出せば両立できるものの、次のターン以降は厳しい。
 ペンデュラムゾーン《覇王龍ズァーク》が存在する場合は回復を利用しつつペンデュラム召喚で攻めることが可能。

 モンスター効果《覇王門零》とほぼ同様なのでそちらを参照。

 最大の特徴はペンデュラムスケール13を持つことである。
 このカード以外の特殊召喚制限がないペンデュラムスケールの最高は8であり、《ペンデュラム・ターン》を使っても10である。
 《ペンデュラム・ターン》は1ターンしか持たないため、レベル8以上のモンスターを繰り返しペンデュラム召喚する場合はこのカードを使うことになる。
 《魔妖仙獣 大刃禍是》ならば繰り返しバウンスが狙え、《アモルファージ・イリテュム》なら特殊召喚制限を掛けられる。

  • イラストは数字の「8」のようだが、名前からして無限を意味する記号「∞」を模した姿なのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第136話〜第140話まで続く一連のデュエルでズァークが使用。
    劇中では常に《覇王門零》と共にセットで使われ続け、使い方や受けた影響もあちらと完全に同様である。
    詳細は《覇王門零》のページを参照のこと。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    【Pスケール:青13/赤13】 
    (1):もう片方の自分のPゾーンに「覇王門零」が存在しない場合、このカードは破壊される。 
    (2):「覇王門零」の(2)のP効果を適用して自分が受けるダメージが0になった場合に発動できる。 
    その元々のダメージの数値分だけ自分のLPを回復する。 
    【モンスター効果】 
    (1):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 
    デッキから「覇王門零」1枚を手札に加える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《覇王門無限》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻0 守0 スケール13 覇王門

広告