覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング/Supreme King Dragon Clear Wing》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外の闇属性Pモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
そのモンスターを破壊し、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合に相手フィールド表側表示モンスターを全て破壊する誘発効果相手モンスター戦闘を行うダメージ計算前相手モンスター破壊してダメージを与える誘発効果覇王眷竜2体をリリースして自己再生する起動効果を持つ。

 シンクロ素材は非チューナー闇属性ペンデュラムモンスターに指定している。
 魔術師DD魔界劇団等が調達しやすいカテゴリといえるだろう。
 特に【魔術師】【DD】チューナーを自然と組み込めるデッキなので、活躍できる場面は多い。

 (1)はシンクロ召喚に成功した場合に発動する全体除去
 相手モンスターのみが破壊されるため、攻勢をかける際の露払いとしては非常に有能である。
 《シンクロコール》を使えば相手ターンでも発動可能。
 セットされたリバースモンスター破壊できないが、その場合は同レベル帯のシンクロモンスターとの使い分けである程度は対処できる。
 ただし(2)の効果破壊可能なモンスター破壊してしまうため、高ダメージを狙う場合は発動しない方がいい場面もある。

 (2)はダメージ計算前相手モンスター破壊し、ダメージを与える効果
 効果攻撃してもされても発動でき、攻撃力の低いモンスター戦闘する時には使わなくていいなど融通も利く。
 高打点に対し自ら攻撃して効果を使えば大ダメージを与えられ、実質的な1度の戦闘破壊耐性ともなる。
 しかし、破壊耐性持ちは突破できない他、発動する効果であるため発動を封じてくるカードカウンター罠には警戒を要する。

 (3)は蘇生制限を満たしている時にフィールド覇王眷竜2体をコストとする自己再生効果
 エクストラデッキからペンデュラム召喚可能な状況ならば、《覇王眷竜ダークヴルム》2体をコストにする事でディスアドバンテージを軽減できる。
 《覇王眷竜ダークヴルム》以外の覇王眷竜特殊召喚に手間がかかるモンスターであり、コストに使用するのは現実的ではないだろう。
 もっとも、特に特殊召喚の制限はないので他のカード蘇生したり、新たにチューナーを用意して2体目をシンクロ召喚した方が手っ取り早い場合もある。
 また、《覇王眷竜ダークヴルム》が2体並びエクストラモンスターゾーンが空いているなら、《覇王眷竜ダーク・リベリオン》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》特殊召喚も可能である。
 特に《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》なら自分ターン限定だが、墓地のこのカードの効果をコピーして使うこともできる。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    アニメではシンクロ素材縛りOCGとは逆にチューナーにある。
    闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
    (1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在し、
    相手フィールドにSモンスターがS召喚された場合、
    このカードは自分フィールドの「覇王眷竜」モンスター2体をリリースして
    エクストラデッキ・墓地から特殊召喚できる(この特殊召喚はS召喚扱いとする)。
    (2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
    相手フィールドに表側表示で存在する全てのモンスターの効果を無効にし破壊する。
    (3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
    相手はこのカード以外のSモンスターを攻撃対象にできない。
    (4):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、
    その相手モンスター1体を対象として発動できる。
    その攻撃を無効にし、対象の相手モンスターを破壊し、その攻撃力分のダメージを相手に与える。
    (5):このカードをエクストラデッキに戻して発動できる。
    エクストラデッキから「覇王眷竜」Pモンスター2体を特殊召喚し、
    相手フィールドの全てのSモンスターの攻撃力を0にする。
    この効果は相手ターンでも発動できる。
    OCG化に伴い、召喚条件が変更されており、(2)と(4)の効果では効果破壊耐性を持つモンスターには通用せず、(1)の効果自己再生の方法に面影を残しつつも削除された。
    (3)、(5)の効果はなくなっており、アニメ版よりも弱体化されている。
    結果として唯一、覇王眷竜のみでは特殊召喚できない覇王眷竜となってしまった。
  • 権現坂の「お前のエンタメでかかってこい」という言葉に反応したのか《覇王烈気》とのコンボを「我のエンタメ」と称している。
    その後、このコンボを何とか凌いだ権現坂とジャックを称賛している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《覇王眷竜クリアウィング》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2000 覇王眷竜 クリアウィング

広告