波動竜騎士(はどうりゅうきし) ドラゴエクィテス/Dragon Knight Draco-Equiste》

融合・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3200/守2000
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、墓地に存在するドラゴン族のシンクロモンスター1体をゲームから除外し、
エンドフェイズ時までそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る事ができる。
また、このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
相手のカードの効果によって発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した風属性ドラゴン族融合モンスター
 墓地に存在するドラゴン族シンクロモンスター除外して効果をコピーする起動効果と、効果ダメージ相手にはね返す永続効果を持つ。

 融合素材縛りは比較的緩いものの、シンクロモンスターを要求するのがネック。
 シンクロ召喚を行ってから更に融合召喚を行うのは手札消費が激しいため、なるべく《ミラクルシンクロフュージョン》《龍の鏡》等での墓地融合を狙いたいところ。
 だが、墓地シンクロモンスター効果をコピーするため、融合素材除外されてしまうのはアンチシナジーである。
 ドラゴン族シンクロチューナー《瑚之龍》等を経由した連続シンクロ召喚融合素材を確保してもよいだろう。
 《オッドアイズ・フュージョン》であれば、条件を満たす事により《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》エクストラデッキから直接融合素材にできて難度が大きく下がる上、墓地融合への布石にもなる。
 ペンデュラムモンスターを多めに積むなら、現在制限カード《爆竜剣士イグニスターP》効果の発動を連続で狙ってみるのも面白いだろう。
 また、《超融合》を使えば相手ドラゴン族シンクロモンスターもしくは戦士族モンスター除去するカードとしても使えるが、《超融合》制限カードの今、そのためだけにエクストラデッキ1枚を割くのは難しい。

 コピー効果エンドフェイズまでしか持続しないため用途がやや限定的であり、無理にこのカード効果をコピーするよりも、墓地から蘇生させた方が効率的という面は否めない。
 シンクロ素材縛りがないもので有効なコピー対象は、《えん魔竜 レッド・デーモン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》《スクラップ・ドラゴン》くらいと言える。
 縛りがあるものでは、《ライトロード・アーク ミカエル》《ダークエンド・ドラゴン》辺りが比較的シンクロ召喚しやすいだろう。
 その他、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》をコピーすれば、攻撃力が上昇するために破壊できるモンスターが大幅に増え、大きなライフ・アドバンテージを得ることができる。
 珍しい所では、《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》をコピーすることで闇属性レベル6以下のモンスター全般の効果をコピー可能になる。

 一方で、蘇生制限を満たさないドラゴン族シンクロモンスター融合素材やコピー対象として利用できるのは、このカードの強みと言えるだろう。
 《アルティマヤ・ツィオルキン》ドラゴン族シンクロモンスター特殊召喚する効果を持ち、自身も呼び出したモンスター蘇生ができないことも合わせて、融合素材やコピー対象として適している。
 《スターライト・ロード》によって特殊召喚された《スターダスト・ドラゴン》墓地に送られた後、《ミラクルシンクロフュージョン》などによって融合素材としてもよい。
 あるいは《轟雷帝ザボルグ》で大量に墓地を肥やすならばシンクロ召喚の手間を気にする必要がなく、《ミラクルシンクロフュージョン》《龍の鏡》も使いやすい。
 《捕食植物キメラフレシア》墓地に送れば《ミラクルシンクロフュージョン》サーチできる。
 それにより《セイヴァー・スター・ドラゴン》《セイヴァー・デモン・ドラゴン》などの召喚しづらいシンクロモンスター効果も使える。
 同様の方法で《WW−クリスタル・ベル》召喚できるがあちらは1ターンに1度効果なので、このカードと併用すればよい。
 2体で《アルティマヤ・ツィオルキン》効果をコピーすれば、より強固な盤面を作れる。

 効果ダメージへのメタ効果も持っているが、これは相手に依存する上、このカード融合召喚の手間を考えるとおまけ程度に考えたほうが良い。

  • 「エクィテス(Equites)」とはラテン語「Eques」の複数形であり、古代ローマにおける騎士階級或いはローマ騎士を指す。
    ちなみに古代ローマにおける騎士は中世ヨーロッパの騎士とは本質的に異なる。
    彼らは主に属州の徴税を請け負っていた富裕層の階級で、潤沢な資金を持っていたため政治や経済などに及ぼした影響も大きかった。
  • よって「ドラゴエクィテス」を意訳すると「竜騎士」になる。
    遊戯王OCGでよく見られる「意味の同じ単語を、言語を変えて重複させる」命名パターンである。
    (類似例:《BF−疾風のゲイル》《王虎ワンフー》など)
  • 「エクィテス」は非常に発音しづらいので、宣言する際などに混乱しないよう注意したい。
    なお、アニメ・CMでの発音は「エキテス」に近い。
  • 英語名は“Equiste”と微妙に綴りが異なっており、こちらはEquitesを元にした造語であると思われる。
    また、“Draco”はラテン語でドラゴンを意味する。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTではSDC MAXで勝利した際にルーレットに登場し、入手できる。
    カメラワークの変化やモーション等には非常に力の入った演出がなされている。
    また、TAG FORCE 5のムービーでは遊星による攻撃名の宣言はなかったが、6では攻撃名も宣言されるようになった。

関連カード

効果ダメージ相手に受けさせる

墓地のカードを除外して同じ効果を得る
《E・HERO ゴッド・ネオス》以外は同名カード扱い

収録パック等

FAQ

Q:墓地ドラゴン族シンクロモンスター除外するのはコストですか?
A:効果です。(10/04/17)

Q:墓地ドラゴン族シンクロモンスター対象にとりますか?
A:対象をとる(指定する)効果です。(10/04/17)

Q:相手墓地ドラゴン族シンクロモンスター除外できますか?
A:できます。(10/04/17)

Q:相手《破壊指輪》などのお互いダメージを与えるカードダメージはどうなりますか?
A:その場合も自分が受けるダメージ相手が代わりに受けます。(10/05/07)

Q:相手《破壊輪》《インフェルニティ・デス・ドラゴン》などの破壊ダメージのタイミングが同じカードでこのカード破壊対象になりました。そのダメージはどうなりますか?
A:その場合、このカードの効果適用されず、自分ダメージを受けます。(10/05/07)

Q:お互いの場に《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》が存在する状態で、相手ダメージを与える効果発動自分効果ダメージが発生した場合、ダメージは誰が受けますか?
A:その場合、自分の《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》の効果適用されて相手効果ダメージを受けます。また、その時に相手の《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》の効果適用されることはありません。(10/05/10)

Q:墓地モンスター効果を得る効果相手ターンでも使用できますか?
A:起動効果であるため、相手ターンには使用できません。(10/04/20)

Q:墓地《スターダスト・ドラゴン》効果を得、その効果のためにリリースした場合、エンドフェイズ特殊召喚されますか?
A:特殊召喚されません。(10/04/20)

Q:《ダークエンド・ドラゴン》効果を得、墓地へ送る効果発動した場合、エンドフェイズ時にこのカード攻撃力はどうなりますか?
A:元に戻ります。(10/04/27)

Q:墓地《シューティング・クェーサー・ドラゴン》効果を得た場合、「このカードはこのカードシンクロ素材としたチューナー以外のモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる」という効果の扱いはどうなりますか?
(自身は融合モンスターなのでシンクロ素材を持たず、攻撃が出来ない?)
A:《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》はシンクロ召喚によって特殊召喚されていませんので、「このカードはこのカードシンクロ素材としたチューナー以外のモンスターの数まで、1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる」効果適用されず、通常通りの1回の攻撃を行う事ができます。(13/05/17)


Tag: 《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》 モンスター 星10 風属性 ドラゴン族 融合モンスター 効果モンスター 攻3200 守2000 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告