破壊剣士(はかいけんし)守護絆竜(しゅごばんりゅう)

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/ドラゴン族/攻 400
【リンクマーカー:左下/右下】
モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「破壊剣」カード1枚を墓地へ送る。
その後、手札から「バスター・ブレイダー」モンスター1体を特殊召喚できる。
(2):相手フィールドにモンスターが存在しない自分バトルフェイズ終了時に、
このターン攻撃宣言をしていない自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。

 LINK VRAINS PACK 3で登場する光属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にデッキから破壊剣カード墓地へ送った後に手札からバスター・ブレイダー特殊召喚できる効果攻撃宣言していないバスター・ブレイダー攻撃力分のバーンを与える効果を持つ。

 リンク素材に縛りもなく扱いやすいリンクマーカーの向きのリンク2だが、このカードより攻撃力の高い《魔界の警邏課デスポリス》が既に存在するため基本的に効果を活かせる【バスター・ブレイダー】での採用となるだろう。
 一応ドラゴン族としては初のリンク素材に縛りのないリンクモンスターであり、ドラゴン族エクストラデッキから用意する場合の選択肢にはなる。

 (1)は破壊剣カード墓地肥やしバスター・ブレイダー特殊召喚効果
 破壊剣墓地発動する効果が多く、即座にそれらの効果を利用可能になる。
 《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》なども、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》で装備可能。
 《破壊剣士の伴竜》《バスター・ブレイダー》が存在する場合自己再生できるため、その準備が整う。
 なお、特殊召喚は任意であるため手札特殊召喚可能なモンスターがいなくとも墓地肥やしは可能。
 逆に墓地へ送る事ができなければ特殊召喚も行えないが、デッキ破壊剣カードが無い状況はまずないであろう。

 このカード攻撃力は低いため、効果使用後は別のリンクモンスターリンク素材にする、融合素材に使うなどのフォローはしておきたい。
 《破壊剣士融合》墓地に送ってサルベージすれば、《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合召喚を狙える。

 (2)はバスター・ブレイダー攻撃力分のバーン効果
 相手モンスターがいない状況下での自分バトルフェイズ終了時とタイミングが限定されており、更に対象にできるのは攻撃宣言していないモンスターに限る。
 通常、その状態では相手直接攻撃すれば同じだけのダメージが与えられるのでバーンの意味が薄い。
 実質的に、直接攻撃できないデメリットを持つ《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》とのコンボ専用と言える。
 《破壊剣一閃》の(1)の効果を使う場合、相手モンスター全体除去しつつ直接攻撃不可能な《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》が存在することが多いため、この効果に頼ることになるだろう。
 何らかのカード戦闘ダメージが与えられないターンでも意味を為すが、【バスター・ブレイダー】とそれらのカードシナジーが薄いのでやや現実性は薄い。
 伏せカード《バトルフェーダー》攻撃が通らない可能性がある場合にバーンダメージを与える手も考えられるため、あって困る効果ではない。

関連カード

カード名イラスト関連

収録パック等


Tag: 《破壊剣士の守護絆竜》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 ドラゴン族 攻400 破壊剣

広告