破壊剣士(はかいけんし)伴竜(ばんりゅう)/Buster Whelp of the Destruction Swordsman》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣士の伴竜」の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「破壊剣士の伴竜」以外の「破壊剣」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「バスター・ブレイダー」1体を選んで特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「バスター・ブレイダー」が存在する場合、
手札から「破壊剣」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した光属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 同名カード以外の破壊剣サーチする誘発効果《バスター・ブレイダー》特殊召喚する起動効果《バスター・ブレイダー》が存在する場合に自己再生する起動効果を持つ。

 (1)の効果は、召喚に成功した時に破壊剣サーチする効果
 破壊剣は種類こそ少ないが多様な効果を持っており、それらを状況に合わせて使い分けられる。
 攻撃力は非常に低いため、効果発動した後は、各種素材や(2)の効果リリースするといいだろう。
 ただし、サーチ可能な《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》手札では《バスター・ブレイダー》として扱わない。
 そのため、そのままでは(2)の効果に繋げることはできない点には注意したい。

 (2)の効果は、自身をリリースして《バスター・ブレイダー》特殊召喚する効果
 他の破壊剣モンスターの多くは《バスター・ブレイダー》装備カードとなる効果を持っているため、(1)の効果との連動性も高い。
 特殊召喚できるのは手札墓地からなので、サーチを行う《竜破壊の証》デッキから墓地へ送る手段との併用が望ましい。

 (3)の効果は、破壊剣手札コスト自己再生する効果
 コストとなるカードは一見範囲が狭いが、《破壊剣士融合》を経由させれば、あちらの自己サルベージ効果により実質的にコスト縛りはなくなる。
 自己再生後の制約はないが、(2)の効果とは併用できないため、その後はシンクロ召喚へ繋げる事になる。
 (2)の効果を何度も利用したい場合は、自己再生させるのではなく《金華猫》を採用してそちらで蘇生させるといいだろう。

 総じて、【バスター・ブレイダー】においては、デッキの始動役になる必須カードであると言える。
 《バスター・ブレイダー》さえ特殊召喚できれば多少は戦えるので、通常召喚から(1)の効果ばかりを狙うのではなく、《ワン・フォー・ワン》のような特殊召喚する術も用意するといい。
 逆にいえば、このカード1枚が止まるだけでほとんど何もできなくなるので、《エフェクト・ヴェーラー》《ブレイクスルー・スキル》には十分注意すべきだろう。

  • このモンスターの姿はコンピュータゲーム『聖剣伝説』シリーズに登場する「フラミー」によく似ている。

関連カード

―《破壊剣士の伴竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破壊剣士の伴竜》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 ドラゴン族 攻400 守300 破壊剣

広告