破壊剣士(はかいけんし)揺籃(ようらん)

通常罠
「破壊剣士の揺籃」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「破壊剣士の揺籃」以外の「破壊剣」カード1枚と
「バスター・ブレイダー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のエクストラデッキ・墓地から「破戒蛮竜−バスター・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「破壊剣」カードは戦闘・効果では破壊されない。

 マキシマム・クライシスで登場した通常罠
 破壊剣バスター・ブレイダー墓地へ送ることで《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》特殊召喚する効果墓地から除外することで破壊剣耐性を与える効果を持つ。

 (1)はデッキから破壊剣バスター・ブレイダー墓地へ送ることで《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》特殊召喚する効果
 このカード1枚で【バスター・ブレイダー】基本的な動きに必要な《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》《バスター・ブレイダー》《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》の3枚を必要な場所に用意できる。
 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》《バスター・ブレイダー》蘇生し、次の相手ターン《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》を装備させればエクストラデッキの利用を封じることができる。
 罠カード故の遅さはあるが、【バスター・ブレイダー】においてはキーカードの1つとなるだろう。

 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》エンドフェイズ破壊されるがエクストラデッキ封じの維持には問題なく、2体目が必要ならば《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》の装備を解除すれば《バスター・ブレイダー》とでシンクロ召喚が可能。
 また、相手ターン中に発動自分ターンを迎えた際には、更に強固な制圧が可能な《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》シンクロ召喚等の素材にしてしまうと良い。

 基本的には上記のように《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》落とすことでロックに繋ぐのが優先されるが、状況によっては破壊剣魔法・罠カード落とすことで墓地効果に繋ぐこともできる。
 墓地ドラゴン族モンスターがいるのならば、《破壊剣の追憶》《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》墓地融合を狙える。
 ロック形成後なら、《破壊剣一閃》対象をとる(指定する)効果からバスター・ブレイダーを守れる。

 (2)は破壊剣破壊から守る効果
 (1)の効果を利用して形成したロック状態を守ることができる。
 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》カード名に「破壊剣」を含まないため、この効果適用外となるので注意。

  • 「揺籃」とは「ゆりかご」、そこから転じて「物事が発展する最初の時期」という意味である。
    上記の通り、これ1枚で【バスター・ブレイダー】の基本となるロックを形成できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破壊剣士の揺籃》 通常罠 破壊剣

広告