破戒蛮竜(はかいばんりゅう)−バスター・ドラゴン/Buster Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):相手フィールドのモンスターは、このカードが表側表示で存在する限りドラゴン族になる。
(2):自分フィールドに「バスター・ブレイダー」モンスターが存在しない場合、
1ターンに1度、自分の墓地の「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):相手ターンに1度、自分フィールドの「バスター・ブレイダー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地の「破壊剣」モンスター1体を装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 相手モンスタードラゴン族にする永続効果《バスター・ブレイダー》蘇生する起動効果バスター・ブレイダー破壊剣装備カード扱いで装備させる誘発即時効果を持つ。

 バスター・ブレイダーサポートカードであり、バスター・ブレイダーを運用する上ではまずこのカードフィールドに出すのが基本となる。
 シンクロ素材に指定がないため、《バスター・ブレイダー》レベルチューナーの他、【魔術師】【ドラグニティ】シンクロ召喚ギミックを借用してシンクロ召喚してもよい。
 《破壊剣士の揺籃》ならば、自壊デメリットが付くものの下準備無しでエクストラデッキから直接特殊召喚する事が可能。

 (1)の効果により、相手モンスター全てがドラゴン族となるため、バスター・ブレイダーの持つドラゴン族メタ効果を活用できる。
 更に、《破壊剣士融合》は、任意の相手モンスター《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》融合素材にできる、フリーチェーン除去カードとして使えるようになる。
 《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》と並んだ場合のロックは強力で、全ての相手モンスター守備表示になり、効果発動も封じられる。
 また、相手種族サポートカードの一部を使用不能にできるため、この効果自体もメタとしての側面を持つ。

 (2)の効果は、《バスター・ブレイダー》フィールドに存在しない場合に墓地から蘇生させるもので、自身の低い攻撃力を補い、アタッカーを確保できる。
 蘇生先は《バスター・ブレイダー》《破壊剣の使い手−バスター・ブレイダー》の2種類がおり、状況によって使い分けたい。
 また、同一ターン中の同名カード効果の発動回数に制限がないのも特徴である。
 レベルチューナーを複数用意すれば、同名カードを使って《バスター・ブレイダー》を繰り返し蘇生させることによる連続シンクロ召喚ができる。

 (3)の効果は、墓地破壊剣と名のついたモンスターバスター・ブレイダー装備カードとする効果
 (2)の効果《バスター・ブレイダー》を出し、(3)の効果《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》を装備させれば、相手ターンの行動を制限できる。
 自分ターンが来たら《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》の装備を解除し、《バスター・ブレイダー》と共にシンクロ素材として、再びこのカードの(2)の効果を使う、という流れが基本となる。
 状況次第では、効果を使い終えたこのカード自身を《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》シンクロ素材に使うのもよい。

  • カード名は「破」であり、破壊剣の「破壊」とは異なる。
    「破戒」とは仏教において戒律を破ることで、島崎藤村の小説の題としても知られる。

関連カード

―《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻1200 守2800

広告