破邪(はじゃ)魔法壁(まほうへき)/Sorcerous Spell Wall》

フィールド魔法
(1):自分フィールドのモンスターは、
自分ターンの間は攻撃力が300アップし、
相手ターンの間は守備力が300アップする。

 スターターデッキ(2014)で登場したフィールド魔法
 自分ターンには攻撃力を、相手ターンには守備力全体強化する。

 300ポイントという強化値は《強者の苦痛》《一族の結束》《オレイカルコスの結界》など、多くの永続カードによる全体強化全体弱体化に劣る。
 相手ターンには守備力しか上がらないため、アタッカー適用した場合には基本的に相手ターンには恩恵を受けられない。

 しかし、特に発動条件デメリットもなく、デッキ内容やカードの動かし方に制限をかけることなく利用できる点は扱いやすい。
 フィールド魔法なので、《テラ・フォーミング》などで容易にサーチできる点も利便性が高い。
 サイクル・リバースモンスターや、微妙な攻撃力の低さが難点になるモンスターなどを採用する際に、このカードの存在を考慮に入れてみてもいいだろう。
 攻撃力1900以上の下級モンスター半上級モンスターを擁するデッキならば、通常召喚または1度の特殊召喚のみで厄介な《エルシャドール・ミドラーシュ》を処理できるようになる。
 ただしドラゴン族戦士族魔法使い族については《召魔装着》の方が使い勝手がいいため、それ以外に検討する事になる。

 守備力の上昇値については《聖域の歌声》よりも低いため、攻撃力強化も考慮した運用法が望ましい。
 《カラクリ無双 八壱八》などの攻撃守備表示になるモンスターや、《番兵ゴーレム》などのサイクル・リバースモンスターが恩恵を受けやすい。
 《ヴェルズ・ナイトメア》守備力2250と固さを高められ、同じエクシーズ素材《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》と併せればより強固な布陣を築ける。
 守備表示になる効果を持つ《暗黒ステゴ》なら攻撃力守備力両方を活かせる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《破邪の魔法壁》 魔法 フィールド魔法

広告