破滅(はめつ)へのクイック・ドロー/Destructive Draw》

永続罠
お互いのプレイヤーはドローフェイズ開始時に手札が0枚だった場合、
通常のドローに加えてもう1枚ドローする事ができる。
このカードのコントローラーは自分のターンのエンドフェイズ毎に
700ライフポイントを払う。
この時にライフポイントが700未満だった場合、ライフポイントは0になる。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードがフィールド上から離れた時、
自分は3000ポイントダメージを受ける。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した永続罠
 お互いプレイヤードローフェイズ開始時に手札が0枚であれば、通常のドローに加えて1枚ドローできる効果エンドフェイズ維持コストを払い、払えなければライフ0になる効果表側表示フィールドから離れた時にダメージを受ける効果を持つ。

 追加ドローと引き換えに名前通り破滅的なデメリットを持つ。
 適用条件の厳しさとデメリットが酷すぎるため、普通のデッキでは採用の余地はほとんどない。
 通常のドローに1枚追加するにしても、《サイバーデーモン》《英知の代行者 マーキュリー》を採用する方が良い場合が多い。
 長期間発動しておくことでアドバンテージを得ることができるが700ポイントのライフコストは大きく、最近の環境魔法・罠カード除去が多いため困難である。
 手札0の状態でスタンバイフェイズ発動しても《サイクロン》等をチェーンされるとデメリットのみを受けてしまうので、1:1交換を狙うなら《強欲な瓶》等の方がリスクが低い。

 手札消費が非常に荒い【フルバーン】では検討の余地はある。
 ただし、その場合《冥府の使者ゴーズ》との相性が悪い。
 他には【DD】なら効果ダメージメリットに変えることができ、《マジック・プランター》ハンド・アドバンテージも稼げるので採用を検討できるか。
 一応《ハンドレス・フェイク》との併用で、毎ターン2枚のドローが可能になる。
 また《命削りの宝札》とも相性がいい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsアストラル」戦で遊馬が使用した通常罠《マストダイ・ドロー》のイラストは、このカードイラストを別のアングルから見たような構図である。
    そのイラストを見る限り、イラストの人物が立っているのは溶岩の上に突き出した崖の上、という非常に危険な場所のようだ。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(07/05/12)

Q:《王宮のお触れ》で支払いとダメージ無効にできますか?
A:ダメージ無効にできますが、支払いは無効にできません。(14/04/24)

Q:自分エンドフェイズ時、お互いライフは100です。
  この時、自分フィールド上にこのカードエクシーズ素材の無い《CNo.88 ギミック・パペット−ディザスター・レオ》の両方が表側表示の場合、特殊勝利と敗北のどちらが成立しますか?
A:このカードエンドフェイズ時の処理は、そのエンドフェイズ中にプレイヤーの任意のタイミングで行うものです。
  一方、《CNo.88 ギミック・パペット−ディザスター・レオ》特殊勝利判定は、エンドフェイズに移行した瞬間に行われます。
  よって、特殊勝利が成立します。(15/01/17)


Tag: 《破滅へのクイック・ドロー》 永続罠

広告