(うま)(ほね)対価(たいか)/White Elephant's Gift》

通常魔法
効果モンスター以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 STARSTRIKE BLASTで登場した通常魔法
 効果モンスター以外のモンスター墓地へ送ることで、2枚ドローする効果を持つ。

 墓地へ送るカード効果モンスター以外のため、通常モンスターを含む効果を持たないモンスター墓地へ送ることになる。
 等価交換手札交換は優秀ではあるが、このカードの場合はボード・アドバンテージを失う。
 通常モンスターコストにする場合は大抵は召喚権を消費することになり、それ以外の場合でもコストを用意するために他のカードの効果を借りなければならない。
 手札交換に手間をかけているようでは本末転倒であり、《凡人の施し》の存在もあるため、如何に少ない消費でコストを用意するかが課題となる。

 採用候補としては、《おジャマ・カントリー》《おジャマ・レッド》での展開が容易な【おジャマ】《魔の試着部屋》《トレジャー・パンダー》等を擁する【ローレベル】ドラゴン族通常モンスターフィールドに用意しやすい【聖刻】などがある。
 通常モンスターを大量展開できる《超古深海王シーラカンス》《創造の代行者 ヴィーナス》《雲魔物−タービュランス》を用いるデッキで採用するのも有効。
 《思い出のブランコ》《簡易融合》等で自壊が確定しているモンスターに使ってもよいが、これらは素材として活用した方が価値が大きいため、選択肢の一つ程度に留めたい。

 その他、再度召喚されていないデュアルモンスター通常モンスター扱いであり、コストに使用する事ができる。
 しかし、レベル4のモンスターであれば同じくドローできサクリファイス・エスケープも行える速攻魔法《デュアルスパーク》の方が扱いやすい。
 化合獣のようなレベル4以外のデュアルモンスターを扱うのであれば、採用候補としてもよい。

 また、効果を持たない融合モンスター儀式モンスターシンクロモンスターエクシーズモンスターリンクモンスターコストにできる。
 特筆すべきは《LANフォリンクス》の存在で、経由することにより殆どのモンスター2体を2ドローへと変換できる。
 1枚のディスアドバンテージとはなるが、コストとなるモンスターを全く問わないためその応用の幅は広い。
 この場合はトークン等も間接的に利用可能であり、展開の途中で余ったモンスタードローへ変換し、更なる展開に繋げるのも良いだろう。
 このため【通常モンスター】とは全く関係ないデッキでも採用できる。

  • イラストには馬の脚の骨が一本描かれており、骨に埋め込まれている宝石を両目に見立てて「へのへのもへじ」が刻まれている。
  • 効果のモチーフは、「先ず隗より始めよ」という中国の故事だろう。
    郭隗という男が燕の昭王に「どうすれば有能な人材が集まるか」という相談を受けた際、名馬の骨を大金で買い取ることで結局多くの名馬を得た男の話をし、その上で「私を高給で雇えば、『郭隗などでさえ雇われるのだ、自分であればなおさらもっと高待遇だろう』と考えた私以上の賢者が自然と集まるでしょう」と進言したという話である。
    「大事を成したい時は手近な事から始めよ(または、言いだした者が始めよ)」と伝える有名な故事である。
    また「馬の骨」という言葉は中国の「一に鶏肋、二に馬骨」に由来する。
    いずれも役に立たない物を意味するが、特に馬の骨は役に立たない上に大きくて邪魔にもなる、どうしようもない物の例えである。
  • 英語名の「White Elephant」とは、タイの故事にかけた「やっかいなもの」という意味。
    王が目障りな家臣を潰すために、維持費ばかりかかり、さりとて神獣とされるために処分もできない「白象」を送りつけたことに由来する。
  • 原作・アニメにおいて―
    海馬による城之内の数多い蔑称の一つが「馬の骨」。
    決闘者王国で決勝トーナメントまで勝ち残ったことで、海馬がそれまでの「負け犬」から昇格させ呼び方を改めたもの。
    アニメでは海馬コーポレーションのデュエリストデータまで城之内のデュエリストレベルが「LEVEL2馬の骨」にされていた。
    その後、バトルシティ編で更に昇格(?)して「凡骨デュエリスト」となった。
  • コナミのゲーム作品において―
    原作での呼び方からの縁からか、TAG FORCE SPでは城之内に専用セリフが存在する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:「通常モンスター扱いのデュアルモンスター」をコストにできますか?
A:はい、できます。(10/07/17)

Q:モンスター扱いの《アポピスの化神》コストにできますか?
A:はい、《アポピスの化神》の場合通常モンスター扱いなのでコストにできます。(10/07/17)

Q:モンスタートークンコストにできますか?
A:いいえ、できません。(10/07/17)

Q:《冥界の魔王 ハ・デス》《古代の機械獣》によって戦闘破壊されたデュアルモンスターをコピーした《ファントム・オブ・カオス》コストにできますか?
A:《ファントム・オブ・カオス》効果発動し、《冥界の魔王 ハ・デス》効果によって無効化されているデュアルモンスター墓地から除外した場合、《馬の骨の対価》の発動コストとして墓地へ送る事ができます。(10/07/18)


Tag: 《馬の骨の対価》 魔法 通常魔法

広告