白闘気一角(ホワイト・オーラ・モノケロス)

シンクロ・効果モンスター
星7/水属性/魚族/攻2500/守1500
水属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の魚族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の水属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードをチューナー扱いで特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 20で登場した水属性魚族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した時に墓地魚族蘇生する誘発効果相手によって破壊された場合にチューナー化して自己再生する誘発効果を持つ。

 チューナー水属性縛りを持つが、非チューナーには縛りが無いためシンクロ召喚は難しくない。
 【魚族】では《ダブルフィン・シャーク》《フィッシュボーグ−アーチャー》蘇生するのが消費が少なく済む。

 (1)はシンクロ召喚に成功した時に魚族墓地から特殊召喚する効果
 攻撃はできないもののそれ以外のデメリットはなく、レベルの制限や効果無効化がないので効果目的・素材目的と応用性は高い。
 チューナー蘇生すればより高レベルシンクロモンスターに繋げることができ、シンクロ召喚に使ったのが水属性魚族チューナーならば連携は容易だろう。
 《ホワイト・モーレイ》《ホワイト・スティングレイ》蘇生させればあちらの効果チューナーとなり、この場合もシンクロ召喚を狙う事ができる。
 また《超古深海王シーラカンス》などレベルモンスターであればエクシーズ召喚も可能。
 《超古深海王シーラカンス》特殊召喚したならば、蘇生からエクシーズ召喚をする前にリクルート効果発動もできる。

 (2)は《白闘気海豚》と同じ自己再生効果
 シンクロ素材の縛りの関係上、墓地コストを用意すること自体は容易いだろう。
 シンクロ素材とするなら属性種族面で合致する《白闘気白鯨》《白闘気双頭神龍》あたりが狙い目となる。

  • 「モノケロス」については《モノケロース》を参照。
    このモンスター自体は、ユニコーンではなく海棲哺乳類の「イッカク」がモチーフだろう。
    長く伸びた一本の牙を持つ点が特徴であるが、稀に二本の牙が伸びた個体も誕生する。
    ユニコーンの角が薬になる」という伝承にひっぱられ、この動物の牙が薬として取引された時代もあり、江戸時代の日本には「ウニコウル(オランダ語)」という名前で輸入されている。
    • イッカクは漢字では「一角」と書くが、上で述べた通り正確には「牙」である。
    • ちなみにイッカクの英名は「ナーワル(Narwhal)」または「ユニコーンホエール(Unicorn whale)」であり、「モノケロス(monoceros)」ではない。
  • 原作・アニメにおいて―
    このカード自体は登場していないが、カード名種族属性効果等から漫画ARC-Vで蓮が使用した「ホワイトモンスターを意識して作られたカードであるのは間違いない。
    蘇生効果により、それまで接点の薄かった《ホワイト・モーレイ》《ホワイト・スティングレイ》の補助もできるようになっている。
    • 偶然の可能性が高いがアニメARC-Vでオルガが使用した《極氷獣アイスバーグ・ナーワル》とは、イッカクをモチーフとするレベル7のシンクロモンスターである点が共通している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《白闘気一角》 効果モンスター モンスター シンクロモンスター 星7 水属性 魚族 攻2500 守1500

広告