爆炎集合体(ばくえんしゅうごうたい) ガイヤ・ソウル/Gaia Soul the Combustible Collective》

効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻2000/守   0
自分フィールド上の炎族モンスターを2体まで生け贄に捧げる事ができる。
この効果で生け贄を捧げた場合、このモンスターの攻撃力は
生け贄の数×1000ポイントアップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
エンドフェイズ時にこのカードを破壊する。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 RISE OF DESTINYで登場した炎属性炎族下級モンスター
 自己強化する起動効果相手貫通ダメージを与える永続効果エンドフェイズ自壊する誘発効果を持つ。

 「1ターン自壊する炎属性デメリットアタッカー」としては、《ラヴァル・ランスロッド》の方が使い勝手が良い。
 特にこのカード守備力が0なのに対し、《ラヴァル・ランスロッド》守備力200で《真炎の爆発》に対応している点は大きく水を開けられている。
 ただし《フレムベル・ヘルドッグ》リクルートした後《フレムベル・ヘルドッグ》と共にランク4を出せるのは《ラヴァル・ランスロッド》にはできない点である。

 自己強化する起動効果を使えば攻撃力は最大4000に達する。
 しかしボード・アドバンテージの損失が大きい上、リリースできるのが炎族に限られており扱いが難しい。
 炎族を展開しやすいものと言えば火の玉トークン《真炎の爆発》くらいであり、前者はともかく後者は《ラヴァル・ランスロッド》がますます優先されてしまう。

 「攻撃力4000で貫通攻撃が可能な下級モンスター」というポテンシャル自体は高く、トークンなどを殴れば相手ライフポイントを一撃で半分持っていき引導火力となる可能性は持っている。
 《火霊術−「紅」》を併せれば、瞬間火力は更に高まる。
 だが、逆に言えば引導火力以外の仕事は極端に苦手であり、普段は場持ちの悪い下級モンスターでしかなく、手札事故を呼びやすい。
 理論上のポテンシャルは高いが、実戦で使いこなすのはかなり難しいカードである。

  • 「ガイア(Gaia)」の名を持つカードのうち、このカードのみ「ガイヤ」表記である。
  • 登場時から「Magic: the Gathering」のクリーチャー《ボール・ライトニング/Ball Lightning》との類似が指摘されていた。
    容姿・自壊貫通に共通点が見られる。

関連カード

―「リリースによって自己強化する」効果を持つモンスター《アイルの小剣士》を参照。

貫通効果を持つモンスター貫通を参照

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果発動しない、攻撃をしない場合もエンドフェイズ時に破壊しますか?
A:はい、破壊します。

Q:このカード召喚後、手札に戻された場合も自壊効果発動しますか?
A:いいえ。自壊効果は基本的にフィールド上で表側表示になっているときのみ発動します。

Q:《リビングデッドの呼び声》等で蘇生された場合もエンドフェイズ破壊されますか?
A:はい、破壊されます。

Q:自壊チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(11/03/24)

Q:炎族モンスターリリースする効果は、1ターンに何度でも発動できますか?
  (複数回に分けて、炎族モンスターリリースすることはできますか?)
A:いいえ、1ターンに1度しか発動できません。(09/04/17)


Tag: 《爆炎集合体 ガイヤ・ソウル》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 炎族 攻2000 守0

広告