爆導索(ばくどうさく)/Blasting Fuse》

通常罠
このカードがセットされたフィールドの縦列全てに
カードが存在する場合に発動できる。
その縦列に存在するカードを全て破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した通常罠
 自分相手フィールドのこのカードセットされていた縦列のカードを全て破壊する効果を持つ。

 単純に使うだけでも2:2交換相手が使用しているエクストラモンスターゾーンの列で発動した場合は2:3交換に持ち込める。
 しかし、プレイングでの対策が容易であり、相手モンスター魔法・罠を別の列に置くだけで腐ってしまう。
 また、発動できても破壊するはずのカードチェーン発動されたりサクリファイス・エスケープされたりする可能性があるため、若干の不安定さがある。
 それを避けるためにも、《心鎮壷》《魔封じの芳香》によってチェーンできない状況を作れるようにしたい。

 このカードの目の前に置く自分モンスター次第ではアドバンテージを得ることができる。
 《ネフティスの鳳凰神》ペンデュラムモンスターなどの破壊されても問題ないものや、《ヴェルズ・サンダーバード》などの破壊を回避できるものと併用したい。
 また、相手からの除去チェーンしたり、使用済みのリバースモンスターの後ろから発動したりする事で、1:3交換をする事が可能である。

 このカードの真骨頂は、このカードの存在を相手に意識させることによる心理的拘束にある。
 このカードをちらつかせるだけで相手はこれを発動させないために、モンスターや伏せを互い違いに置いてくる事だろう。
 2枚目をうまく発動させたがっている素振りを見せる事で、相手に「見えない《宇宙の収縮》」が掛かったようなプレイを強要させる事ができる。
 それだけでなく、

 というルールが暗に追加される。
 これにより、セットされた場所からある程度正体が推定でき、非公開情報ながら情報アドバンテージを得ているような状態になる。
 裏の裏を読んでデッキ内に1枚だけ仕込み、完全にブラフとして活用するのも面白い。
 有効に活用できなさそうな状況であれば手札コストとして捨てたり、《光帝クライス》で壊してしまえばいい。

 なお、このブラフや心理的拘束は【スタンダード】【ウォールバーン】には強く働くが、フリーチェーン主体の【チェーンバーン】【お触れホルス】にはほとんど通用しない。
 しかし、あくまでオマケ効果が薄いだけなので特に気にする必要は無いだろう。
 一度心理戦に完勝して相手コントロールしてしまうと病み付きになる玄人向けのカードと言える。

  • 見せることで相手への拘束が期待できるため、見せる行為自体が目的のような部分もある。
    マッチ戦において1戦目はこのカードの発動を積極的に狙っていき、2戦目では全て伏せ除去カードに替えてしまうのも有効。
    上記の通り、どの伏せがフリーチェーンでどの伏せが発動条件があるのか、ある程度予測できるので破壊対象を絞り込みやすい。
    同じ相手に何度も通用する手段ではないが、トーナメント大会等の未知の相手には効果を期待できる。
  • 「爆導索」とは、長いケーブルに小爆弾をいくつも連結させた地雷除去装置の事。
    地雷原へ投射してから起爆し、地雷を誘爆させて除去する。
    縦列に埋まっている地雷を次々と爆発させるイメージでこのカードの効果がデザインされたのだろう。
  • その風変わりかつ強烈なイメージ故か、アニメや漫画では敵に巻きつけて使う「必殺武器」として描かれることもある。
    イラストではそうしたアニメや漫画を意識してか、《キャノン・ソルジャー》に爆竹らしき物体が巻かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    ほとんどのゲーム作品では仕様上、CPUは中央列→その右隣枠→同左隣→最右枠→最左枠とカードを配置していくため、対CPU戦では中央列で非常に発動しやすく、OCGよりはるかに確実な除去が見込める。
    なお、プレイヤーの方は(近作では)設定で自動配置と任意配置の切替が可能であるため、対人戦では確実性が落ちる。
    しかし、現実と同じように心理的拘束が掛けられるという利点でもある。

関連カード

イラスト関連

関連リンク

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時にこのカード破壊されていた場合、残りの3枚を破壊できますか?
A:はい、破壊できます。(13/02/22)

Q:効果解決時にこのカード以外の3枚のうち1枚が既に破壊されていた場合、残りの3枚を破壊できますか?
A:はい、破壊できます。(12/12/23)

Q:デュエルフィールドを使用せずにデュエルを行う際にカード置く位置で相手プレイヤーと相違が起こった場合はどのように処理すればいいですか?
A:デュエルフィールドを使用せずにデュエルを行う場合でも、カード置く位置を常に明確にした上でゲームを進めます。
  公式大会にて相手プレイヤーとの意見に相違があった場合は審判に相談してください。(09/02/10)

Q:装備魔法モンスターカードに重ねるように置きますが、自分魔法&罠カードゾーンの1枚として数えるルールがあります。
  そこで、モンスター装備魔法を装備した場合、その装備魔法は装備モンスターの後ろに存在する扱いになるのですか?
A:いいえ、装備魔法発動時に置いた魔法&罠カードゾーンに存在するものとして扱います。(10/12/17)

Q:相手罠モンスターが元々あった魔法&罠カードゾーンの前に特殊召喚されています。
  このカードの前に自分モンスターが存在する時、このカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/12/17)

Q:《ジャンク・コレクター》墓地に存在するこのカード除外して効果を使用できますか?
A:いいえ、「セットされた」という条件を満たせないため、そもそも《ジャンク・コレクター》効果発動できません。(10/02/18)

Q:このカード発動チェーンして、このカード対象《サイクロン》発動しました。
  この時、このカード効果解決時にこのカード墓地にあるので、その縦列にある自分デッキと、相手エクストラデッキフィールド魔法破壊しますか?
  また、《マクロコスモス》発動していた場合はどうなりますか?
A:このカード効果発動時セットされていた列のカードを破壊します。《マクロコスモス》の場合も同様です。(10/02/18)


Tag: 《爆導索》 通常罠

広告