半魔導帯域(はんまどうたいいき)/Magical Mid-Breaker Field》

フィールド魔法
自分メインフェイズ1・メインフェイズ2の開始時にこのカードを発動できる。
(1):お互いのメインフェイズ1の間、フィールドのモンスターは、
それぞれの相手の効果の対象にならず、それぞれの相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分はフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場したフィールド魔法
 メインフェイズの開始時に発動でき、モンスター対象耐性破壊耐性を与える効果自分フィールド魔法発動を制限する効果を持つ。

 メインフェイズ1の間、それぞれのモンスター相手の「対象をとる(指定する)効果」および「破壊効果」に対し強固な耐性を得る。
 そのため《エフェクト・ヴェーラー》《奈落の落とし穴》といった汎用性の高いカードを無視して展開・モンスター効果の発動が可能となる。
 ただしカードの発動に際し制限があり、またフィールド魔法の上書きによる解除ができないため自分だけが恩恵を得ることが難しくなっている。

 このカードを採用する場合、自分でこのカード除去を行えなかった場合には相手に強固な耐性を与える事になるため、採用する罠カード等は調整したい。
 《激流葬》《奈落の落とし穴》等のメインフェイズ発動する事の多い、フィールドに存在するモンスターに対して破壊を行うカード腐ることが多くなってしまう。
 《神の警告》等の召喚特殊召喚自体を無効にするカウンター罠や、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応系のカードを採用するといいだろう。
 また、《幻子力空母エンタープラズニル》《氷結界の龍 トリシューラ》のような耐性に引っかからない効果もあるので、それらを使うことでも疑似的に相手が受けるメリットを抑えられる。

 《盆回し》相手フィールドゾーンに置くことで相手フィールド魔法を封じることができる。

  • カード名は、「魔導」と「半導体」と「帯域」を掛けたものと思われる。
    「半導体」とは、導体(電気をよく通す物質)と絶縁体(電気を通しにくい物質)の中間の性質を持つ物質のことで、主に温度によって電気伝導性が変化する。
    「帯域」は特定の電磁波の周波数の範囲のこと。
    フィールドモンスター耐性ターン毎に変化する様子を表しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分メインフェイズ1の開始時に発動した《貪欲で無欲な壺》チェーンして発動した《ポップルアップ》効果でこのカード発動できますか?
A:調整中。(17/04/20)


Tag: 《半魔導帯域》 魔法 フィールド魔法

広告