蛮勇鱗粉(バーサーク・スケールス)/Berserk Scales》

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力は1000ポイントアップし、
このターン相手プレイヤーに直接攻撃できない。
このターンのエンドフェイズ時、選択したモンスターの攻撃力は2000ポイントダウンする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した速攻魔法
 自分モンスター1体の攻撃力を1000アップする効果、そのターン直接攻撃できず、ターン終了時にそのモンスター攻撃力を2000ダウンする効果を持つ。

 ダメージステップ発動できる強化速攻魔法としては、最も強化値が大きい。
 下級アタッカーを主力とするデッキでは効果破壊されない耐性対象に取れない耐性を持つモンスターを突破する手段として採用される事がある。
 また、《収縮》と違い攻撃表示だけでなく守備力の高いモンスターでも対処しやすくなるのはこちらならではの強みである。
 似たような役割を持つ《一騎加勢》《禁じられた聖槍》《月鏡の盾》等とは、デッキタイプや仮想敵で使い分けたい。

 しかし、直接攻撃の禁止とエンドフェイズ弱体化という二重のデメリットを抱えている。
 弱体化デメリットを軽減するためには、自分ターンならメインフェイズ2で、相手ターンなら次のターンに各種素材にしてしまうのが一番である。
 《H・C 強襲のハルベルト》《フレムベル・ヘルドッグ》等とは相性が良く、展開を阻害するモンスターを処理しつつ、サーチリクルートしたモンスターエクシーズ召喚が行える。

 独自の活用法としては、《アマゾネスの剣士》《ダイガスタ・スフィアード》のような反射ダメージ効果を持つものとの併用が考えられる。
 上昇した攻撃力相手モンスター破壊しつつ、返しのターンではより大きな反射ダメージを誘える。
 あるいは、《あまのじゃくの呪い》を利用することで相手ターンカウンターを決める事も可能。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エンドフェイズの処理はチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(12/02/20)

Q:相手プレイヤー直接攻撃をする際、バトルステップ発動しました。
  攻撃は続行されますか?
A:いいえ、続行されません。(12/02/24)

Q:相手プレイヤー直接攻撃をする際、ダメージステップ発動しました。
  攻撃は続行されますか?
A:ダメージステップでもこのカード発動できますが、ダメージステップ中に直接攻撃を行った自分モンスターを対象にしてこのカード発動できません。(12/02/26)

Q:攻撃力1000未満のモンスター対象に出来ますか?
  出来る場合、エンドフェイズ時にそのモンスター攻撃力は0になりますか?
A:はい、発動でき、エンドフェイズ時に攻撃力は0になります。(12/02/24)

Q:このカードの効果で攻撃力が1000アップしたモンスターが「魔法カード効果を受けない」状態になった場合の処理はどうなりますか?
A:いずれの処理も通常通り行われます。
 そのモンスター攻撃力は1000アップしたままで、直接攻撃することはできず、エンドフェイズ攻撃力が2000下がります。(16/05/11)


Tag: 《蛮勇鱗粉》 魔法 速攻魔法

広告