肥大化(ひだいか)/Massivemorph》

通常罠
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は倍になり、直接攻撃できない。

 レイジング・テンペストで登場した通常罠
 相手モンスターステータスを倍にし、直接攻撃をできなくさせる効果を持つ。

 相手モンスター強化するため、モンスター同士の戦闘に持ち込まれて自分が大ダメージを受ける可能性が高い。
 自分モンスターが存在しない時に使えば直接攻撃を防げるものの、相手モンスターステータス変化を利用できるコンボを組むのが前提と言える。

 《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》《CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ》ならば大ダメージを見込める。
 《アマゾネスの剣士》などの戦闘ダメージを反射するモンスターで特攻する他、《魔法の筒》ダメージ増加にも利用できる。
 このカードを重ね掛けすれば攻撃力は4倍にもなるため、1ターンキルも難しくない。
 また、中途半端なステータスモンスターに対して使用する事であえて自分の受ける戦闘ダメージを大きくし、《ダメージ・コンデンサー》などに還元する方法も考えられる。
 このカードが通用するモンスターならば対象に取ることが可能なので、《レッド・リゾネーター》回復効果対象に選択して大きなライフゲインを得る、ということもできる。

 単純にステータスを倍化させた相手モンスターを奪うという手もある。
 直接攻撃はできなくなるが《強制転移》なら攻撃力の低いモンスター送りつければ相手に大ダメージを与えられる。
 ただこの使い方なら、直接攻撃もできる《巨大化》でも可能なので、《サイクロン》などで妨害されない点や、直接攻撃を防ぐのにも使える点などを活かしたい。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と組み合わせ、このカード直接攻撃を封じつつ効果ダメージを与え、《洗脳解除》でのコントロール奪取も狙える。
 《トーチ・ゴーレム》なら《強制転移》すれば即座に攻撃して大ダメージを与えられる。

 上記のようなコンボを狙い、単体では緊急時の直接攻撃を防ぐために使うのが基本となる。
 いずれにしろ《巨大化》と違い単体ではあまり役に立たないため、使いづらいのは否めない。
 しかしあちらはどちらのライフが上かで効果が変動してしまうため、強化は安定せず、装備魔法であるため《魔法の筒》など受け身の罠カードとの相性も良くない。
 こちらはクイックエフェクトであるため奇襲的に相手モンスター攻撃力を倍化できることや、重ね掛けができる点などで差別化したい。

  • イラストで「肥大化」しているのは、例によってやられ役の《ゴブリン突撃部隊》
    《ミクロ光線》と同じ機械から出た光線を浴び、体が大きくなり肥満体となってしまっている。
    機械からは爆風と放電が吹き出しており、機械が暴走して意図せぬ効果が出てしまったのだろうか?

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:攻撃力守備力0の相手モンスター対象にして発動できますか?
A:はい、発動でき、その場合でもそのモンスター直接攻撃できなくなります。(16/10/08)


Tag: 《肥大化》 通常罠

広告