百景戦都(ランドスケーパー)ゴルディロックス》

効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻   0/守3000
(1):このカードは中央以外のメインモンスターゾーンに召喚・特殊召喚した場合、破壊される。
(2):このカードがメインモンスターゾーンの中央に存在する限り、
このカードの攻撃力は3000アップする。
(3):1ターンに1度、使用していない自分のメインモンスターゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
自分のメインモンスターゾーンのこのカードの位置を、指定したゾーンに移動する。
その後、移動する前と移動した後のモンスターゾーン及びその間のモンスターゾーンと同じ縦列に存在する、
このカード以外のカードを全て破壊する。

 ETERNITY CODEで登場した地属性機械族最上級モンスター
 特定の位置以外に召喚特殊召喚した場合に自壊する永続効果、中央のメインモンスターゾーンに存在する場合に自己強化する永続効果、自身の位置を移動し、移動前と移動後の間にあるカード全てを破壊する起動効果を持つ。

 (1)は中央のメインモンスターゾーン以外に召喚特殊召喚された場合の自壊効果
 基本的には自壊しないよう中央のメインモンスターゾーンに出すことになるだろう。
 一応反転召喚含むリバース一定期間だけ除外された状態からフィールド戻った場合などは避けられる。

 (2)は自己強化
 強化値は3000と大きく(1)の存在から中央のモンスターゾーンに出すのが基本であるため出した直後はアタッカーにもなる。

 (3)は空いている自分メインモンスターゾーンに移動し、移動する前と移動した後とその間に存在していた縦列のカードを、自身を除き全体除去する効果
 中央に存在する場合、基本的には両端のどちらかに移動し3列のカード破壊することになる。
 端に移動した後もう一度発動できればフィールド魔法以外の全体除去も行えるが、1ターンに1度であるため相手ターンをまたぐ必要があり現実的には難しい。

  • 「ゴルディロックス」の元ネタは、認知学や経済学において「ちょうどいい状態を選ぶ」などといった意味を持つ「ゴルディロックスの原理」だろう。
    童話『3びきのくま』の主人公の少女「ゴルディロックス」が、迷い込んだ熊の家で食事や家具などを自分の好みに合うちょうどいいものを選んだことに由来する。
    このカードでも、(1)(2)の効果で「右でも左でもないちょうどいい場所」に存在し、(3)の効果で「自分フィールドにも相手フィールドにもモンスターが存在しないちょうどいい状態」にしている。
  • 「ランドスケーパー(Landscaper)」は「庭師」「環境開発において、全体像の設計を担当する者」を意味する。
  • 「戦都」は都を他の地に動かすことを意味する「遷都」とかけていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《百景戦都ゴルディロックス》 効果モンスター モンスター 星10 地属性 機械族 攻0 守3000

広告