百獣王(アニマル・キング) ベヒーモス/Behemoth the King of All Animals》

効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻2700/守1500
このカードは生け贄1体で通常召喚する事ができる。
その場合、このカードの元々の攻撃力は2000になる。
生け贄召喚に成功した時、生け贄に捧げた数だけ
自分の墓地の獣族モンスターを持ち主の手札に戻す事ができる。

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 FLAMING ETERNITYで登場した地属性獣族最上級モンスター
 リリースを減らせる召喚ルール効果、それに付随する元々の攻撃力が2000になるルール効果アドバンス召喚に成功した時に獣族モンスターサルベージする誘発効果を持つ。

 最上級モンスターだが妥協召喚が可能であり、1体のアドバンス召喚からでもサルベージ効果を狙えるが、その場合のステータスは下手すると下級モンスターにも突破される程度。
 通常のステータスも頼もしいとは言えず、戦闘目的なら《神獣王バルバロス》等を優先した方が無難である。

 サルベージ効果アドバンス召喚時のディスアドバンテージが実質0になる。
 しかしリリース要員を用意しつつ通常召喚権も必要なのはやはり手間。
 有用モンスターでも展開が遅ければ問題であり、素直に2・3枚目を利用したり蘇生したりする方が有効である事も多い。
 獣族リクルーターを使って墓地を肥やすと同時にリリースを揃える事も可能だが、それらをサルベージしてもアドバンテージとして還元するのは難しい。

 纏めると、通常召喚権を使わず手札から利用できる獣族と併用するのが基本だろう。

 【獣族】前提のカードに見えがちだが、リリースするモンスターの指定はない。
 《冥帝従騎エイドス》なら2体のモンスターを即座に用意できるため、アドバンテージを確保できる。

  • 元ネタは、ユダヤ教の伝承にその名を残す怪物「ベヒーモス(Behemoth/アラビア名はバハムート)」か。
    レヴィアタンリバイアサン)と対を成す陸の獣であり、巨大な河馬または牡牛のような姿をしているとされる。
    基本的に不死身だが、食べる草がなくなると死ぬため、神は毎日ベヒーモスが食べるための草を新たに生やすのだという。
    なお、後のイスラム文化圏ではリバイアサンの要素と混ざり魚であるとされている。
  • 怪物的なアレンジではあろうが、肉食獣のような牙と爪を持つなど、その姿は伝承のものとは大きく異なっている。
    紫がかった皮膚やたてがみといった要素もあわせ、全体的な意匠はビデオゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する同名モンスターに近い。
  • アニメZEXALではWDC決勝のデュエル・コースターでガルシア・パンサーが使用している様子が見られるが、トロンとのデュエル破壊されたようである。

関連カード

イラスト関連

―《百獣王 ベヒーモス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《トロイホース》リリースして召喚した場合、墓地から何枚の獣族モンスター持ち主手札戻す事が可能ですか?
A:リリースしたモンスターの数で判定するので1枚になります。

Q:《死皇帝の陵墓》召喚した場合、攻撃力手札戻すモンスターの数はどうなりますか?
A:アドバンス召喚でなくなるため、攻撃力は2700となり、モンスター手札戻す効果は使えません。
  また、《死皇帝の陵墓》で1000ポイント払って攻撃力2000で召喚するということはできません。

Q:このカードリリース1体で通常召喚した後、《スキルドレイン》発動適用され、さらにその後《スキルドレイン》除去された場合、このカード攻撃力はいくつになりますか?
A:2700になります。(13/08/16)


Tag: 《百獣王 ベヒーモス》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 獣族 攻2700 守1500

広告