百獣大行進(ひゃくじゅうだいこうしん)/The Big March of Animals》

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスターの攻撃力は、
エンドフェイズ時まで自分フィールド上の
獣族モンスターの数×200ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 FLAMING ETERNITYで登場した速攻魔法
 自分フィールド上の獣族を、その数に比例させて全体強化する効果を持つ。

 1体あたりの上昇値は200とわずかな値ではあるが、全体強化なので、大量の獣族を並べれば総上昇値は加速度的に増える。
 獣族6体を揃えて発動すれば、攻撃力が各1200上昇、総上昇値では7200にもなり、1ターンキルする事も狙える。
 戦闘補助用の速攻魔法としては《収縮》《突進》の方が安定性はあるが、《連合軍》と同等の爆発力を秘めている。

 獣族は専用蘇生カード《エアーズロック・サンライズ》を持っているのである程度並べやすく、相手攻撃力ダウン効果との相乗効果も望める。
 また、羊トークンを一気に4体並べられる《スケープ・ゴート》を使えば、獣族5体は容易に達成できる。
 《超カバーカーニバル》ならフィールドモンスターがいなくとも獣族5体を用意できる。
 羊トークン攻撃力0なので相手モンスターが存在せず直接攻撃を狙える状況でなければ有効には働きにくいが、うまく決まれば威力は大きい。
 それ以外にも、獣族《素早いモモンガ》《子狸たんたん》など下級リクルーターが多く、比較的安定した威力を狙える。

 しかし、モンスターが4体以下の場合は素直に《一族の結束》を使ったほうが手っ取り早い。
 基本的には、他の種族を併用する場合での採用となる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vs神田」戦にて、神田の《クイズ・パネル・ラー()の30》の効果で出題されたクイズの問題として登場。
    自分デッキから任意に選択したカードに描かれているモンスターの数を当てよ」という問題であり、神田はこのカードを選択して十代は解答できなかった。

関連カード

効果関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《百獣大行進》 魔法 速攻魔法

広告