(こおり)(ジェネレイド) ニードヘッグ/Nidhogg, Generaider Boss of Ice》

効果モンスター
星9/水属性/幻竜族/攻2100/守2600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「氷の王 ニードヘッグ」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、
自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは幻竜族モンスター1体をリリースして発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した水属性幻竜族最上級モンスター
 自分フィールドに1枚しか存在できないルール効果ジェネレイド幻竜族リリースして相手モンスター特殊召喚無効にして破壊する誘発即時効果を持つ。

 固有効果相手モンスター特殊召喚無効及び破壊
 【ジェネレイド】及び幻竜族デッキのいずれに採用しても有用性が高い効果であり、先攻で出せばとりあえず制圧に貢献する。
 特に「真竜皇(凰)」は出しやすくレベルも合致するので相性が良い。
 他にコストにできるモンスターがいない場合でも、自身をコストにすれば道連れは可能なので妨害にはなる。
 特殊召喚そのものを無効化するため耐性を持つモンスターも殆ど存在せず、特殊召喚時の誘発効果発動させない点でも有用。
 ステータスレベル9にしては低目だが、このカードを超えるステータスを持つモンスターは大抵は特殊召喚で出されるため戦闘にも比較的強い。
 1ターンに1度なので過信はできないが、対モンスター性能では高い能力を有すると言えるだろう。

 ただし、チェーンを作る特殊召喚無効にできないため、融合召喚儀式召喚を中心とするデッキには弱い。
 また、通常召喚された下級モンスター効果による除去にも対処できない点も考慮しておきたい。

 【ジェネレイド】では、同じく制圧や妨害に秀でた《剣の王 フローディ》《虚の王 ウートガルザ》も存在する。
 それらに比べて除去範囲は狭いが、対象を取る効果耐性を持つモンスターに対処できるのはこのカードだけである。
 いずれも1ターンに1度の制限があるため、これら3種をフィールドに並べてより制圧力を高められれば理想的だろう。

  • モチーフは北欧神話に登場する「ニーズヘッグ(ニドヘグなどとも)」であろう。
    その名は北欧古語で「怒りて臥す者」と言う意味があり、姿については諸説あるが、大蛇に翼が生えている竜とされる。
    世界樹ユグドラシルの根元・冥界ニブルヘイムに無数の蛇と共に棲みつき、しばしば世界樹の根を噛み砕いて損ね、枯らそうとするという。
    時にはラタトスクという名のリスを仲介にして、世界樹の梢に棲む鷲のフレースヴェルグと罵り合っている。
    ラグナロク(最終戦争)をも生き延び、世界の終わりの日にはその背に死者の魂を乗せて飛び去る、と言われている。
    • なお、ニーズヘッグに氷にまつわる逸話はこれと言って無いが、ニブルヘイムは氷の世界であり、「氷の王」と名が付くのはそれに由来すると思われる。

関連カード

―《氷の王 ニードヘッグ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《氷の王 ニードヘッグ》 モンスター 効果モンスター 星9 水属性 幻竜族 攻2100 守2600 ジェネレイド

広告