(つらら)魔妖(まやかし)雪女(ゆきおんな)/Yuki-Onna, the Ice Mayakashi》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/アンデット族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
「魔妖」モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「氷の魔妖−雪女」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードのリンク先にSモンスターが存在する限り、相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在し、自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

 デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズで登場した水属性アンデット族リンクモンスター
 自分フィールドに1体しか存在できないルール効果リンク先シンクロモンスターが存在する場合に攻撃対象にならなくなる永続効果自分シンクロモンスター戦闘または相手効果破壊された場合にフィールドモンスター攻撃力守備力を半分にする誘発効果を持つ。

 リンク素材魔妖を指定し、効果を使うにはさらにシンクロモンスターも必要となる。
 《麗の魔妖−妲姫》ならリンク素材にしても自己再生してシンクロ召喚につなげられるため、効果を最大限に活かせる。
 《翼の魔妖−波旬》《轍の魔妖−俥夫》リクルートし、《麗の魔妖−妲姫》蘇生すればリンク素材シンクロ素材両方が揃う。

 (2)は攻撃対象に選択されない効果
 魔妖シンクロモンスターであれば戦闘破壊されても後続が蘇生するため、継続的に攻撃対象にならず維持しやすい。
 リンク先耐性を持つシンクロモンスターを置いてもいい。
 ただし、効果に関しては一切の耐性がないため、別途対策が必要となる。

 (3)はリンク先シンクロモンスター破壊された場合の弱体化効果
 (2)の効果攻撃シンクロモンスターに向けるため、発動はし易く、(2)の効果適用されなくなったとしても攻撃をしのぎやすくなる。
 自爆特攻でも発動は可能なので、自爆特攻して攻撃力守備力を半減させた上で戦闘破壊も狙える。
 魔妖シンクロモンスターであれば戦闘破壊されても後続が蘇生するため追撃を狙いやすい。

 難点としては、シンクロモンスターを用意できていても、効果に関しては一切の耐性がなく、このカードが真っ先に効果で狙われる点。
 《骸の魔妖−餓者髑髏》《麗の魔妖−妲姫》を利用してリンク召喚し、自爆特攻して《骸の魔妖−餓者髑髏》自己再生につなげるか、リンクマーカーの確保要員と割り切るのも手。

  • 「雪女」に関しては《ゴーストリックの雪女》を参照。
    なお、カード名に「(つらら)の魔妖」とあるため、雪女と混同される事の多い妖怪「つらら女」もモチーフになっていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《氷の魔妖−雪女》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 水属性 アンデット族 攻1900 魔妖

広告