氷結界(ひょうけっかい)交霊師(こうれいし)/Medium of the Ice Barrier》

効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2200/守1600
相手フィールド上のカードの枚数が、
自分フィールド上より4枚以上多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できない。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した水属性魔法使い族最上級モンスター
 氷結界の1体であり、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果魔法・罠カード発動を制限する永続効果を持つ。

 自身の効果により、最上級モンスターながらリリース無しで特殊召喚が可能。
 しかし4枚以上という相当のボード・アドバンテージ差が必要であり、特殊召喚されても《奈落の落とし穴》等で除去されてしまう可能性も高い。
 《ガガガシールド》等を予め伏せて置きたいが、それだと条件を満たしにくくなる。
 そのため、《禁じられた聖槍》等を手札に持っておくか、ペンデュラム召喚も併用したいところ。
 また事故を防ぐため魔法使い族氷結界を多く採用し、《ディメンション・マジック》等も採用しておきたい。

 発動を制限する効果の方は《大将軍 紫炎》と同じで、相手の行動をある程度抑制でき、【魔導書】等には効果的。
 しかし最上級モンスターにしては低い攻撃力がネックで、重いことも考えると少々使い辛い。
 氷結界のサポートを駆使していきたい。

  • 交霊師とは恐らく交霊術師(または降霊術師)の略称だろう。
    ネクロマンサーや口寄せ等とも呼ばれ、ファンタジー世界においてはシャーマン精霊使いとほぼ同じ存在である。
    英語名では「巫女、霊媒」の意味を持つ「Medium」が用いられている。
  • このストーリーにおいてはグングニールの封印解放に対しては乗り気ではなく、解放反対派と対立している様子も見られなかった。
    劇中ではプレイヤーの活躍により状況が好転しており、史実では戦況の悪化が氷結界内部での悲劇を招いてしまったようである。

関連カード

―類似効果を持つモンスター

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手プレイヤーが既に1回発動した後でこのモンスターフィールドに出た場合、どうなりますか?
A:「このカードフィールドに出てから、1ターンに1度」ですので、このカードフィールドに出る前に相手が何枚発動していようとも関係はありません。(08/09/28)


Tag: 《氷結界の交霊師》 効果モンスター モンスター 星7 水属性 魔法使い族 攻2200 守1600 氷結界

広告