氷結界(ひょうけっかい)大僧正(だいそうじょう)/Dai-sojo of the Ice Barrier》

効果モンスター
星6/水属性/魔法使い族/攻1600/守2200
このカードは召喚・反転召喚に成功した時、守備表示になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「氷結界」と名のついたモンスターは
魔法・罠カードの効果では破壊されない。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した水属性魔法使い族上級モンスター
 氷結界の1体であり、自身の表示形式守備表示に変更する誘発効果氷結界効果破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 召喚にはリリースが必要だが、守備力はそこそこ高く、自身にも魔法・罠カードへの破壊耐性が付く。
 水属性メタである《ダイヤモンド・ダスト》にも対抗できるため、マッチ2戦目以降ではその効果を存分に活かせる。

 除外バウンス効果モンスター効果による破壊は対象外である。
 このカードの為に《デモンズ・チェーン》を入れるのも手である。

 相手モンスター攻撃を抑制する《氷結界の術者》《氷結界の守護陣》と並べばなかなかのロック強度になる。
 しかし、《N・グラン・モール》《BF−疾風のゲイル》等はそれらのロックをすりぬけられるため、過信はできない。

 《リビングデッドの呼び声》でこのカード、もしくはこのカード自分フィールド上に存在するときに別の氷結界蘇生した場合、後に《リビングデッドの呼び声》フィールドから離れてしまっても《氷結界の大僧正》の耐性効果により《リビングデッドの呼び声》効果破壊を打ち消すので、事実上の完全蘇生となる。
 同じ氷結界《氷結界の虎王ドゥローレン》はこの《リビングデッドの呼び声》バウンスできるのでこのカードと相性がよい。
 他には、《安全地帯》チェーンする事で比較的強固なとして機能する。

  • 大僧正とは、仏教における僧官の頂点にたつ者のこと。
    日本では行基が最初である。
  • DTマスターガイドによれば、トリシューラ解放賛成派の1人で、紹介によればその中でも力を持つ存在のようだ。
  • ゲーム作品での英語名は当初《Great Monk of the Ice Barrier》だった。
    海外版が登場する際にローマ字読みが使われるのは珍しい。

関連カード

召喚・反転召喚に成功した時に守備表示になるモンスター《絶対防御将軍》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《ディメンション・マジック》でこのカード特殊召喚し、破壊対象もこのカードにした場合、このカードを残しつつ《激流葬》などの発動機会を無くすことは可能ですか?
A:はい、できます。(13/11/17)


Tag: 《氷結界の大僧正》 効果モンスター モンスター 星6 水属性 魔法使い族 攻1600 守2200 氷結界

広告