氷結界(ひょうけっかい)封魔団(ふうまだん)/Spellbreaker of the Ice Barrier》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守2000
1ターンに1度、手札から「氷結界」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで
お互いに魔法カードを発動できない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 氷結界モンスター手札コストにする事で、魔法カードロックを行う起動効果を持つ。

 《大寒波》と異なり、「自分魔法カード発動してから」ロックを行えるのが最大の利点。
 しかし、魔法カードしか封じられない上、速攻魔法にはチェーンされる恐れがあり、詰めの一手で用いるには使いにくい。
 サーチカード除去などをけん制する等、優勢よりの状況で使う事になりやすい。

 このモンスターフィールド離れるロックが解除される。
 そのため、魔法カード相手ターンも封じる場合にはシンクロ素材などに使用せず維持する必要がある。
 逆に、自分ターンフィールドからどかす事で任意で魔法カードを使用可能になる利点ととることもできるか。

 守備力こそ高いものの、効果を使用するには表側表示で存在する必要があり、《浮上》等にも対応していない。
 《氷結界の伝道師》《ウォーターハザード》での特殊召喚が基本になる。
 《サイクロン》《大嵐》を防げるため氷結界と相性の良い《デモンズ・チェーン》等も安心して使える。

 《氷結界の軍師》と同じく、氷結界の捨て蘇生に貢献する。
 ただし同一ターン内に《浮上》を用いるにはこのカードを処理する必要があるため相性はやや悪く、あくまで副次的なメリットに留まる。

 氷結界下級モンスターとしては単体でのステータスが高いため、として用いつつ状況に応じて素材、ロック墓地送りを狙っていく事になる。
 それぞれに特化したカードと比べると扱いにくい点もあるが、《氷結界の紋章》によるサーチに対応している点で役立つ場面もある。
 《氷結界の軍師》ともども《アーカナイト・マジシャン》《ワンダー・ワンド》に繋げられる点も評価できる。
 《サルベージ》はこのカードコストを確保できるため相性が良く、《氷結界の三方陣》を扱う際にも役立ってくれる。

  • 海外版ではイラストの修正がされており、紫色のタイツを履いている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード起動効果適用された後で、《スキルドレイン》発動した場合でもこのカード効果適用され続けますか?
A:その場合でも、このカードフィールド上に表側表示で存在する限り効果適用され続けます。(13/02/03)


Tag: 《氷結界の封魔団》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魔法使い族 攻1200 守2000 氷結界

広告