氷結界(ひょうけっかい)風水師(ふうすいし)/Geomancer of the Ice Barrier》

チューナー(効果モンスター)
星3/水属性/魔法使い族/攻 800/守1200
手札を1枚捨て、属性を1つ宣言して発動できる。
宣言した属性のモンスターはこのカードを
攻撃対象に選択できない。
この効果はこのカードがフィールド上に
表側表示で存在する限り1度しか使用できない。

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した水属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 属性宣言して自身に対する攻撃ロックする起動効果を持つ。

 攻撃対象に選択できない効果はこのカードの代わりにプレイヤー直接攻撃を受けることはない。
 この攻撃抑止効果は、地縛神の特性と同様であるため、ルールで混乱した際はこちらを参照すると良いだろう。

 《エレメンタル・アブソーバー》に類似した効果を持つが、こちらはこのカード限定である。
 属性統一デッキにはそこそこ刺さり攻撃を防げるが、弱点も多く1枚の消費には合わない。
 使う場合は海皇等を使用しディスアドバンテージをなくしたい。

 【氷結界】では他にも氷結界チューナーが存在するため、魔法使い族軸【氷結界】での採用になる。
 《ジゴバイト》と共に《サルベージ》に対応するため、シンクロ召喚がしやすい。

 無理に効果を活用することを考えず、数少ない魔法使い族レベルチューナーであることにも着目してもいい。
 レベル4の魔法使い族とで《アーカナイト・マジシャン》シンクロ召喚でき、《一族の結束》などを阻害しない。
 《マジカル・コンダクター》《魔力掌握》または魔法カード2枚を使ってこのカード蘇生すれば、すぐに《アーカナイト・マジシャン》に繋がる。
 他にも《稲荷火》といったモンスター特殊召喚トリガーにもできるため、単体でも他のカードでカバーしやすく扱いやすい。
 《サルベージ》《氷結界の紋章》に対応している点も見逃せない。

 同じレベルには、レベル3でライトロードの名を持つ《ライトロード・メイデン ミネルバ》も存在している。
 あちらとは属性が違い、デッキ破壊効果デッキによって活用できるか異なるため、その点でどちらを採用するかを決める事になるだろう。
 《Emトリック・クラウン》手札から捨てる事ができるので展開手段になるのだが、そのままシンクロ素材にしてしまうと再度特殊召喚しなければ復活できないので気を付けたい。

関連カード

表側表示で存在する限り1度しか使用できない効果を持つカードについては三魔神を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《氷結界の風水師》の効果によって地属性宣言しました。
  自分フィールド上に他のカードが存在しない場合、相手地属性モンスタープレイヤー直接攻撃できますか?
A:《氷結界の風水師》の効果によって地属性宣言している時に、自分フィールド上に《氷結界の風水師》のみが存在する場合でも、相手地属性モンスター直接攻撃を行う事はできません。(13/11/18)

Q:効果発動済みのこのカード《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》のいずれかが発動され、その後それらの効果が適用されなくなった場合、《氷結界の風水師》の効果は適用され直しますか?
また、適用されなくなる場合もう1度《氷結界の風水師》の効果を発動する事は可能ですか?
A:《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》効果が適用されなくなった後でも《氷結界の風水師》の効果は適用されます。(16/10/27)


Tag: 《氷結界の風水師》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 水属性 魔法使い族 攻800 守1200 氷結界

広告