氷結界(ひょうけっかい)(りゅう) グングニール/Gungnir, Dragon of the Ice Barrier》

シンクロ・効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2500/守1700
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、手札を2枚まで墓地へ捨て、
捨てた数だけ相手フィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

 DUEL TERMINAL −混沌の覇者!!−で登場した水属性ドラゴン族シンクロモンスター
 手札コストに、相手フィールド上のカード破壊する起動効果を持つ。

 非チューナー水属性が指定されているため、水属性を多く採用したデッキで使うのが基本と言える。
 ただし、【伝説の都 アトランティス】の場合、《伝説の都 アトランティス》影響下では水属性モンスターレベルが下がるため、そこを考慮した上でチューナーを採用する必要がある。
 《コダロス》などで墓地へ送ってしまうのも手か。
 《超古深海王シーラカンス》チューナーと非チューナーを揃えることでも楽にシンクロ召喚できる。

 カードの種類表示形式を問わず、1度に2枚までのカード破壊することができるため、効果汎用性は高い。
 ただし1ターンに1度の制限があるため、相手フィールドを一掃して直接攻撃を決めた後に《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚されると処理できない事態が起こりうる。
 特に《機皇帝ワイゼル∞》は最悪の天敵であり、このカードの効果トリガー守備表示で出されたら戦闘破壊もできず、他に対策がなければ吸収されてしまう。
 また、「墓地へ捨てる」必要があるので《閃光の追放者》《マクロコスモス》フィールド上に存在していると効果発動できない。
 その他、2枚の破壊を行う場合は多くのディスアドバンテージを負うことになるので、《スターライト・ロード》《大革命返し》にも警戒が必要になる。

 また、ドラゴン族である事から《デブリ・ドラゴン》に対応しているのも利点であり、レベル3の水属性蘇生すれば即座にシンクロ召喚できる。
 中でも【正規融合】で使用される《沼地の魔神王》《スノーマンイーター》汎用性が高くデッキ構成に無理も出ない。
 他には《カメンレオン》も有力で、海皇では《海皇の狙撃兵》または《海皇の突撃兵》から繋げる事で連携を取れる。

 ただし、現在はこのカードの小型版と言える《瑚之龍》が登場している。
 レベルこそ異なるものの、同じ水属性ドラゴン族シンクロモンスターで、シンクロ素材に制限は無いため、使い勝手ではどうしても劣ってしまう。
 そのため、2枚同時に破壊できる点を活かして差別化したい。

  • マスターガイド3において、ワーム魔轟神の侵攻に対し、氷結界が開放した第2の龍であるという設定が描かれている。
    その力は、一息で千の敵を氷像に変え砕け散らすほどに強力とされており、あちらの世界ではかなり特別な待遇を受けていることがわかる。
    DTマスターガイドでは、封印が解かれ体の自由を得たため、喜びに打ち震えるかのごとく戦場へ躍り出たとも書かれている。
  • 「グングニール(グングニル/Gungnir)」とは、北欧神話に登場する大神・オーディンが所持していたとされる伝説上の槍の名前である。
    トネリコの樹から削りだした柄にドヴェルグ(ドワーフ)が鍛えた穂先を付けた槍でルーン文字の刻まれた鋼の切先はあらゆる物を貫く事ができた。
    また、投げつけると標的に必ず命中し、すぐさま持ち主の手に戻る魔力を宿しているとされる。
    漫画やゲームなどで武器やキャラクター、必殺技などの名前に使われていたりと、神話武器の中でも知名度は高い。
  • このストーリーにおいてはDTマスターガイドの記述と違い、封印を解かれる事にはあまり積極的ではなかった。
    ゲーム内ではプレイヤーの介入によって本来より戦況が好転していたためだろうか。

関連カード

―《氷結界の龍 グングニール》の姿の見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:発動時に2枚選択したカードの内1枚が効果解決時フィールドを離れてこのカードの効果破壊できなかった場合でも残りのもう1枚のカード破壊されますか?
A:はい、その場合でも残り1枚のカード破壊されます。(08/07/01)


Tag: 《氷結界の龍 グングニール》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星7 水属性 ドラゴン族 攻2500 守1700 氷結界

広告