氷獄龍(ひょうごくりゅう) トリシューラ》

融合・効果モンスター
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
カード名が異なるモンスター×3
このカードは自分の手札・フィールドのモンスターのみを素材とした融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードを除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):元々の種族がドラゴン族のモンスターのみを素材としてこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・相手のデッキの一番上・相手のEXデッキの順に確認してそれぞれ1枚ずつ除外する。
このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 20th ANNIVERSARY LEGENDARY DRAGONSで登場した水属性ドラゴン族融合モンスター
 自分フィールド融合素材除外してエクストラデッキから特殊召喚できる効果外テキスト、元々の種族ドラゴン族モンスターのみを素材とした特殊召喚に成功した場合に自分デッキカード相手デッキの一番上相手エクストラデッキカードを1枚ずつ除外する誘発効果を持つ。

 融合召喚の場合、融合素材として使えるモンスターの場所は《融合》と同じ範囲に限定されており、墓地融合デッキ融合相手フィールドモンスター融合素材などはできない。
 一応、《龍の鏡》《超融合》などは指定に反しないようにすればこのカード融合召喚に使えるが、当然それらが持つ独自性を失う事になるため、メリットは少ない。
 融合素材フィールドなどの指定はないため、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》とは違い《融合解除》融合素材蘇生することは可能。
 カード名の異なるモンスター3体のみと緩いため、《ドラゴン・目覚めの旋律》モンスターを複数種類サーチしたり、トークンを展開し、トークンを素材にしたリンクモンスターを複数種類出すだけでも簡単に融合素材が揃う。
 またこのモンスター素材縛りが緩い割に攻撃力が高いので単にトークンから出せる高打点のモンスターとして使うのも有用といえる。
 展開力のあるデッキバトルフェイズ中に《瞬間融合》で出し、フィニッシャーとするのがもっとも現実的か。

 また、自分フィールドから融合素材除外することでも特殊召喚が可能。
 複数のトークンを上手く利用すれば、少ないディスアドバンテージでの特殊召喚が狙える。
 追加効果は狙えないが、融合素材除外する点と融合素材の縛りが緩い点に着目し不知火《異次元の偵察機》のような除外と相性のいいモンスター融合素材にするのも手。

 《混沌空間》とも相性が良く、自身の方法で特殊召喚すればそれだけでカオスカウンターが3つ貯まり、自身の効果でさらにカード除外できるため、あちらの特殊召喚効果も使用しやすい。
 自分デッキから《ネクロフェイス》除外すれば最上級モンスター特殊召喚も視野に入れられる。

 効果発動させるには、元々の種族ドラゴン族カード名が異なるモンスター3体を融合素材に使用する必要がある。
 自身もドラゴン族である《デブリ・ドラゴン》《竜魔導の守護者》は、特定のドラゴン族蘇生でき、後者ならば融合召喚用の魔法カードサーチできるため特に相性が良い。
 【聖刻】【ヴァレット】ならば、異なるドラゴン族モンスターを3体並べるのもそこまで難しくはない上、上記の通り融合召喚のギミックも不要なため採用を検討できる。

 モンスター効果は、特殊召喚に成功した場合に自分デッキカード相手デッキの一番上相手エクストラデッキカードを1枚ずつ除外する効果
 自分デッキの任意のカード除外できる点は汎用性が高く、《封印の黄金櫃》のようなコンボが行える。
 エクストラデッキカードを1枚除外する点は、相手エクストラデッキピーピングした上で1枚除外できる為、情報アドバンテージを得やすく、特定のカード《浮幽さくら》で狙い撃つことで間接的に相手の戦術を妨害できる。
 相手デッキの一番上カードを1枚除外する効果もあるが、その程度では相手への妨害にはほとんどならないため、オマケと割り切っていいだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《融合》によって融合召喚したこのカード対象《融合解除》発動した場合、融合素材モンスター墓地から特殊召喚できますか?
A:融合素材とした墓地モンスター一組が、墓地にて全てカード名が異なるモンスター3体であれば特殊召喚できます。(18/05/25)


Tag: 《氷獄龍 トリシューラ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星9 水属性 ドラゴン族 攻2700 守2000 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告