不意打(ふいう)又佐(またざ)/Mataza the Zapper》

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1300/守 800
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカードは表側表示でフィールド上に存在する限り、
コントロールを変更する事はできない。

 暗黒の侵略者で登場した闇属性戦士族下級モンスター
 2回攻撃する永続効果、自身のコントロールを変更できない永続効果を持つ。

 2回攻撃モンスターの代表格と言える存在。
 戦士族かつ低ステータスであるため、《増援》《ダーク・バースト》《キラー・トマト》に対応しており、扱いやすい。
 直接攻撃を狙える時や、羊トークンの高速除去等、特定の状況下で役立ち、【戦士族】に投入されることがある。
 単体でも2600と最上級モンスター並のダメージを与えられるが、基本的には強化を前提にしたいところである。
 例えばモンスターが合計3体の時に《団結の力》を装備すれば7400ダメージを与えられるので、他に1体でも直接攻撃できれば1ターンキルできるだろう。
 【ベン・ケイ1キル】においては爆発力は劣るが小回りのきく2番手としての採用が考えられる。
 闇属性であるため、《キラー・トマト》などからのリクルートが容易であり、2回攻撃という能力も相俟って《追い剥ぎゴブリン》【トマハン】との相性も良い。
 《不死武士》とのエクシーズ召喚も可能であり、闇属性のサポートも共有可能。

 コントロールを奪われない効果は、相性のいい攻撃力強化系の装備魔法を装備したまま奪われ、自分攻撃が来る事態を避けられるので噛み合っている。
 しかし、コントロール奪取効果を持つカードは現環境ではあまり採用されず、さほど有用なものではなくなっている。

  • 名前の元ネタは、恐らく戦国時代の武将「前田又左衛門利家(まえだまたざえもんとしいえ)」。
    妻のまつとともに加賀百万石の礎を築いた人物である。
    また、《六武衆−ヤリザ》のモデルでもある。
    柱の陰から要人らしい人影を狙うという構図は、いちょうの木の陰から飛び出して鎌倉幕府の三代将軍、源実朝を暗殺したとされる、公暁の逸話を彷彿とさせる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
  • アニメVRAINSの第51話では、鬼塚の回想シーンでこのカードが確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスターカードゾーンにこのカードしかないときに《死のマジック・ボックス》《強制転移》を使った時どうなりますか?
A:どちらの場合も自分フィールド上に選択可能なモンスターがいないため、魔法カード発動出来ません。

Q:《スキルドレイン》適用中に《洗脳−ブレインコントロール》相手の《不意打ち又佐》のコントロールを得ました。
  そのターン中に《スキルドレイン》破壊された場合、エンドフェイズに《不意打ち又佐》のコントロール相手に戻りますか?
A:コントロールが戻る事はありません。(10/07/21)

Q:元々の持ち主自分である《不意打ち又佐》が相手フィールドに居ます。
  《洗脳解除》発動した場合、コントロールは戻りますか?
A:いいえ、戻りません。(13/03/16)


Tag: 《不意打ち又佐》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 戦士族 攻1300 守800

広告